高脂血症の薬

高脂血症について

高脂血症の病態については別ページ参照。

高脂血症の薬の種類

高脂血症の薬の使い方

薬品名総CLDLTGHDL
メバロチン-16.1%-23.9%--13,4%
リポバス-19.6%-28.3%-2/2%6.7%
ローコール-18.4%-27.3%--
リピトール-30.0%-42.2%-28.9%7.1%
ペザトール-15%-20%-46%43%
リパンチル-15.7%-19.8%-37.4%20.5%
エパデール-2%8%-16%-2%
ニコチン酸製剤-8%--16%15%
陰イオン交換樹脂-15%-15%8.9%
プロブコール-19.1%-20%-16%-2%
リバロ
クレストール-46.5%+10.7%

このように高脂血症治療薬はコレステロールや中性脂肪低下率がそれぞれ異なる。

作用点は下図

糖代謝

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ