睡眠薬・抗不安薬

睡眠障害について

睡眠障害については別ページ参照。向精神薬の投与制限も別ページ。

超短時間型(睡眠薬)

作用時間6時間以内。入眠障害に使用される

  • ハルシオン(トリアゾラム)
  • アモバン(ゾピクロン)
  • マイスリー(ゾルビデム)
  • ルネスタ(エスゾピクロン)

短時間型(睡眠薬)

作用時間12時間以内

  • レンドルミン(ブロチゾラム)
  • リスミー(リルマザホン)

中間型薬(睡眠薬)

作用時間24時間以内

  • ユーロジン(エスタゾラム)
  • ベンザリン、ネルボン(ニトラゼパム)
  • ロヒプノール(フルニトラゼパム)

長時間型(睡眠薬)

作用時間30時間以上

  • ドラール(クアゼパム)

短時間型(抗不安薬)

作用時間6時間以内

  • デパス(エチゾラム)
  • リーゼ(クロチアゼパム)

中間型(抗不安薬)

作用時間12~24時間以内

  • ワイパックス(ロラゼパム)
  • コンスタン、ソラナックス(アルプラゾラム)
  • レキソタン(ブロマゼパム)

長時間型(抗不安薬)

作用時間24時間以上

  • エリスパン(フルジアゼパム)
  • セルシン、ジアパックス(ジアゼパム)
  • バランス(クロルジアゼポキシド)
  • セレナール(オキサゾラム)

超長時間型(抗不安薬)

作用時間90時間以上

  • メイラックス(ロフラゼプ酸エチル)

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ