精油の作用経路~アロマテラピー

精油の吸収経路は、皮膚、鼻腔、内服が知られていますが、内服の専門家の元以外での使用だけは避けるようにしてください。

皮膚からの吸収は、精油成分の分子サイズが小さいために、真皮から皮下組織、そして毛細血管へと移行し、血液に入ることで、血管拡張・収縮、心悸亢進、抗菌 など、その精油の特徴にあった作用を示す。

鼻腔からの吸収は、精油成分が嗅上皮に吸着することから始まる。

嗅覚を引き起こす匂い物質が鼻腔上部の嗅上皮の粘膜に付着すると、匂い刺激は嗅細胞から伸びる、複数の軸索が集まった 嗅糸(嗅神経)と呼ばれる神経を介して、大脳内の嗅球に入り、僧帽細胞の樹状突起とシナプスを形成する。

嗅球にてシナプスを形成した嗅神経は、大脳皮質嗅覚野に投射されて匂いが認識される。

大脳というのは、大脳皮質(新皮質・古皮質・旧皮質)、大脳髄質、大脳基底核に分けることができ、匂いの認識は、大脳皮質の新皮質の嗅覚野 で行われるが、嗅神経は大脳のほかの部分や視床下部・下垂体にも投射しており、匂いを認識する以外にも、いろいろな作用を示す。

古皮質・旧皮質・大脳基底核をひっくるめて大脳辺縁系と呼ぶが、精油はこの大脳辺縁系に特に作用することで薬効を示す。

大脳基底核の扁桃体は感情の中枢として、海馬は記憶の中枢として働いており、これらを刺激することは、精神を高揚させたり、頭脳を明晰にしたり 、また逆に集中力を減退させたりと数々の作用が起こる。

視床下部・下垂体系はいわずとしれたホルモン分泌系ですが、精油成分は、嗅神経を介してここにも作用し、いろいろなホルモン(性ホルモン、成長ホルモン、 副腎皮質ホルモンなど・・)の分泌を促す。

精油をタバコと考えるとその効果はわかりやすいのではないだろうか、タバコの代わりに精油を吸ったり嗅いだりすることで精神がリラックスするのであれば 越したことはない。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ