アトピーと消毒(イソジン、強酸水など)

消毒にはイソジンのように酸化作用(I2→2I-)により細菌を殺すもの、塩化ベンザルコニウムのような界面活性作用にて 細菌を溶解させるもの、強酸水などのように肌表面を酸性に保つことで細菌をシャットアウトするものがある。

これらは細菌を死滅させるという点で共通していて、主に黄色ブドウ球菌をはじめとした表皮常在菌による炎症を抑制する目的で使用される。

ただし、イソジンなど酸化作用が主体の消毒薬は、細菌に対しても作用するが、自細胞に対しても同様の作用を示す(細胞障害性)ため、使用に関しては十分注意が 必要である(全身イソジン塗布などは問題外)。

それではどういうときにどのように使用したらよいかだが、伝染性膿痂疹(とびひ)で代表されるような黄色い膿と水疱が特徴の炎症がある場合に、その患部のみ(局所)に 使用するべきである。

黄色い膿は自分の白血球が細菌と戦った時の死骸であり、これが細菌感染の目印になる。

常在菌をやたらめったら殺すことはTh1/Th2バランスをTh2側に傾け、よりアレルギー体質に傾いてしまうゆえ、 この目印がない時に予防的にイソジンを使用するのは避けたほうが望ましい。

そう考えれば、小さいころからプール(塩素消毒済み)に通わせるのは、湿疹こそ起こりにくくなるものの、アレルギーの面から見るとあまりよくないのかもしれません (実体験では、プールに行っているときは塩素消毒のせいか、湿疹は軽くなってる気がしますが・・・)。

一方、強酸水についてであるが、理論的にはアトピー性皮膚炎の人の表皮は弱アルカリ性であるので細菌が侵入しやすいため、これを健常人と同じように弱酸性にして あげようということです。

酸と言っても付け心地や見た目は水と変わらなく、酸のくせにしみないし(なぜ?w)、使用して悪くなるということはおそらくないでしょう(実体験から)。 ただ、使いすぎは免疫バランスにとってよくないということはイソジンらと同じです。予防的使用は控えたほうがよさげです。

ついでに、竹酸液などの酸性物質は、抗菌作用こそあるもののpHがもろに低いため、TRPV1を刺激して痒みの原因ともなりますので使用には注意してください。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ