ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとも呼ばれる

作用 欠乏症 過剰症 必要量
(経腸栄養)
必要量
(静脈栄養)
発育促進、細胞増殖機能維持、生体膜の抗酸化 溶血性貧血、過酸化脂質増加、深部感覚障害、小脳失調 起こりにくい 15mg 10mg

ビタミンE製剤

  • ユベラN(トコフェロールニコチン酸エステル)
  • ユベラ(トコフェロール酢酸エステル)

ビタミンEの作用

細胞内でペルオキシラジカルに水素ラジカルを供与し過酸化脂質になるのを防ぎます(ラジカルスカベンジャー)。

その結果として末梢血行を改善したり、血管を強化します。欠乏症、過剰症ともに知られていません。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ