表皮と真皮

次に先ほどの図の中の表皮と真皮にのみ注目します。

アトピー性皮膚炎と皮膚の構造

表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層で構成されていて、基底層の細胞(ケラチノサイト) が分化していく過程で細胞自体に変化が生じて、それぞれの層ごとに異なる細胞構成を持つことになります。 つまり、角質層、顆粒層、有棘層の細胞全て、元は未分化基底細胞ということです。

樹状細胞のひとつであるランゲルハンス細胞は、有棘層に存在します。

真皮はコラーゲン、エラスチン、線維芽細胞などからなる組織で、表皮のように分化をして新しい組織に生まれ変わるということは ありません。血管が通っているため常に細胞に栄養がいきわたっています。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ