マスト細胞の抑制シグナル

マスト細胞には自己の過剰な活性化を抑える上記機構に関して抑制系シグナルが存在することがわかっている。

この抑制系のシグナルを担う分子としてSHIP-1(SH2 domain-containing inositol 5'-phosphatase 1)が重要である。

β鎖ITAMには定型型のチロシン残基に加えて一部非定型型のチロシン残基が存在していてる。

定型型チロシン残基を介した伝達経路はLyn-Syk-LAT経路やFyn-Gab2-PI3K経路 であり、炎症性サイトカインの産生を行うが、非定型型チロシン残基を介した伝達経路ではLynによるSHIP-1の活性化(Lyn-SHIP-1経路)が起こり、炎症性サイトカイン の産生を抑制している。

Lynによる活性化シグナルと抑制シグナルが同時に進行することで、マスト細胞の活性化は調整されているといえる。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ