NSAIDsの種類

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)はCOXを阻害することでPG類を抑制することで抗炎症作用を示す。

内服は風邪や腰痛などのときに、抗炎症、痛み止めとして使われる場合 が多く、アトピー性皮膚炎の治療には用いることはありませんが、外用はアトピー性皮膚炎の適応もあるため、弱い炎症を抑えるために使用されることがあります。

よって、ここでは外用NSAIDsのみについて述べることにする。

商品名 一般名
ベシカム イブプロフェンピコノール
スタデルム
スルプロチン スプロフェン
スレンダム
トパルジック
アンダーム ブフェキサマク
ジルダザック ベンダザック
フエナゾール ウフェナマート
コンベック
デルマクリン グリチルレチン酸
ハイデルマート


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ