NSAIDsの特徴

抗炎症作用は極めて弱い上に、接触性皮膚炎(かぶれ)と光線過敏症の副作用があるためにアトピー性皮膚炎に用いられることは少ない。

リバウンドは起こらないが、上述の副作用に十分注意しながら使用しないと逆に炎症を悪化させる可能性がある。

ここ最近、アンダーム(ブフェキサマク)をはじめとした外用NSAIDsが免疫バランスをTh1→Th2にシフトさせることで、自然免疫を低下させている ことが示されている。

つまり、NSAIDsの使用はTh1を介した接触性皮膚炎を起こすだけでなく、Th1反応の繰り返しによりTh2反応へのシフトが起こり、むしろ慢性皮膚炎が 悪化させてしまう。

これは外用剤だけでなく、内服剤にも当てはまるので幼少期に頻回のNSAIDsの使用はお勧めできない。



コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ