漢方薬の種類

薬方 病位 虚実 特徴
小青竜湯 太陽・太陰病 虚実中間~虚証 体を温める効果を持っているので熱証には使用しない処方。麻黄による鎮咳、去痰と、細辛、桂皮の温肺効果にて鼻水を止めるなど、痒みに効くと言うよりも 風邪により起こるアレルギーを抑えると言っていいのかもしれない。
白虎加人参湯 陽明病 実証 陽明、炎症がひどく、熱のみで支配されている場合に用いる。石膏と知母は代表的な寒の生薬で、消炎、解熱に働きます(清熱瀉火)。その他、 人参、甘草、粳米、知母は体内の水分を保持する。石膏、知母は鎮静に働き、いらいらを鎮める。
桃核承気湯 陽明病 実証 陽支配であるので、主に抗炎症作用を期待して用いる。大黄は清熱瀉火として働くと共に、腸管内の毒素の排泄を高める。桃仁は、うっ血を除く駆お血剤として働く。 アトピーの場合は、ほとんど大黄の作用を期待した処方
黄連解毒湯 少陽病 中間(やや実証) 陽支配であるので、主に抗炎症作用を期待して用いる。黄連、黄ゴン、黄柏、山梔子は全て、強い消炎、解熱、抗菌、抗化膿作用、 自律神経の興奮をかん。 黄連、黄ゴンは白血球貪食能を高め、免疫機能を増強する。
補中益気湯 太陰~少陽病 虚証 中を補い気を益すという意味のごとく、人参、黄耆、白朮、甘草、大ソウは全身の機能を高め、代謝を促進し、消化吸収を 高め(中を補い)、元気をつけ疲労感を除き抵抗力を増す(気を益す)。当帰は補血に働く。Th1とTh2のバランスを改善する作用がある。
十全大補湯 太陰~少陽病 虚証 補気の生薬は補中益気湯と似ている。違いは川キュウが入って補血作用が強まったのと、ブクリョウによる利水(リンパ液などの排泄) 、桂皮による血管拡張→血流促進が加わったところでしょうか。
十味敗毒湯 少陽病 中間(やや虚証) 解毒、解表剤で、防風、ケイガイ、川キュウ、生姜は体表血管を拡張して、皮疹を汗とともに透発させる。そのほか痒みどめ、 解熱、排膿効果もある。
当帰飲子 太陰病 虚証 陰で虚ですので炎症(熱)のない乾燥病変に用いる。当帰は川キュウとともに駆オ血剤であるので、血行不良からくる冷え、自律神経の乱れを調節 したり、肌表面の乾燥を補う。
紫雲膏 紫根(シコン)の成分である、シコニンは血管透過性抑制による抗炎症作用と皮膚の際勢力を高める創傷治癒作用があり、アセチルシコニンは抗菌、肉芽形成促進作用があります。 当帰は前述の通り、肌表面に潤いを与えるとともに体表の血流を促進します。基剤は単軟膏(ミツロウ+ごま油)となっています。
その創傷治癒力のせいで、火傷、凍瘡に主として使われます。アトピー性皮膚炎で使うとき場合は、抗炎症作用は弱いので、創傷治癒力に期待して、 主に傷がある部位、もしくは顔に使用するとよいでしょう。
ただし、紫根の色がすごいので使用する機会は限られますが・・・。
神仙太乙膏 桂皮、芍薬、大黄は抗菌作用を持つ。湿潤性湿疹の場合が神仙太乙膏、乾燥性湿疹の場合に紫雲膏といった感じの使われ方のようです。

六君子湯

六君子湯は食欲不振、胃もたれ、悪心・嘔吐を改善する。

構成生薬は、ソウジュツ、ニンジン、ハンゲ、ブクリョウ、タイソウ、チンピ、カンゾウ、ショウキョウの8つ。うちチンピが食欲改善に重要。ただし、みかんの皮を食べてもその作用は得られない。

グレリンは胃から分泌され、血液中を循環するホルモンであり、成長ホルモン放出促進因子受容体の内因性リガンドでもある。

六君子湯は5-HT2B/2C受容体を阻害してグレリン分泌を促進し、摂食促進・老化予防に働く。

大建中湯

大建中湯は腹が冷えて、腹部膨満がある症状に使用する。

構成生薬は、ニンジン、カンキョウ、サンショウと、コウイ(粉末飴)で、実のところ水飴がその作用の大部分を担っている?とされてたり。

薬理は、筋層間神経叢のコリン作動性神経末端の5-HT3受容体アゴニストとして、また、モチリン分泌促進作用にて消化管運動を改善させたり、バニロイド受容体アゴニストとして血流量を増加させたりする。

柴苓湯・五苓散

柴苓湯は、下痢やむくみ、耳鼻科領域(耳のつまり)で使用されることが多い。

構成生薬は、12種類からなっていて、うち9種は小柴胡湯、残り3種が五苓散の構成生薬である。すなわち、小柴胡湯の抗炎症作用と五苓散の利水作用を併せ持つ。

血中のACHTやコルチコステロンの濃度を上昇させるとともに、フロセミド用利水作用を示すものの、尿量には影響を与えないという。

柴苓湯は視床下部のCRH分泌刺激を介し、内因性ステロイドホルモンを増加させる。

柴苓湯は単なる利水作用ではなく、水分代謝の調節を行う働き(ただ永遠出すだけではなく、必要以上に利水しない)がある。

半夏瀉心湯

半夏瀉心湯は、胃の症状(みぞおちのつかえ、胸焼け、食欲不振等)で使わる他、下痢、口内炎での使用が多い。

構成生薬は、ニンジン、タイソウ、オウゴン、オウレン、カンキョウ、カンゾウ、ハンゲ。

抑肝散

抑肝散は神経症状や不眠症状を改善する。

構成生薬は、ソウジュツ(利水)、ブクリョウ(利水)、センキュウ(血行促進)、チョウトウコウ(5-HT1A刺激)、トウキ(血行促進鎮静)、サイコ(鎮静)、カンゾウ(NMDA拮抗)。

キーを握る生薬が5-HT1Aを刺激して鎮静作用を示す釣藤鉤と、メマリー同様グルタミン受容体拮抗作用により過剰な神経伝達を抑制する甘草である。

フレイルと漢方

フレイルは健常者と要介護の間の状態(要支援1~要介護2位まで)でADL(日常生活動作)が徐々に低下し、疾患、症候が徐々に増えてくる。

フレイルサイクル・・・低栄養→サルコペニア→運動量・基礎代謝↓、消費エネルギー量↓→繰り返し

フレイルは漢方医学で言う未病に似ていて、金匱要略の「未病を治すにはまず脾(消化器系)を充実させ、脾が病変しないように予防する。」=補剤を用いると良い。

気虚(元気がない、気力がない、疲れやすい他)には補気剤(補中益気湯、六君子湯等)、血虚(顔色が悪い、皮膚に艶がない、しびれ感等)には補血剤(四物湯、当帰芍薬散等)、気血両居には気血双補剤(人参養栄湯や十全大補湯等)が用いられる。

人参養栄湯は体の機能を高め、貧血に対しては造血幹細胞の増加を促進し、血分を補う。陳皮にはグレリン産生作用がある?

めまいの漢方

(利水効果)--柴苓湯>>苓桂朮甘湯>>半夏白朮天麻湯---(補気効果)

柴苓湯にはめまいの適応はないが、利水作用にてメニエールとかには使える??柴苓湯の柴胡には抗精神作用があり、ストレス性のめまいにもいい。

苓桂朮甘湯は利水作用に重点を置くも、消化吸収機能を整える補気作用も持つ。脾(消化吸収機能)の低下は、脾の気虚(気が水を全身に巡らせる働きが低下)から水毒を生成すると言われ、それがめまいを引き起こすと言われる。そのため、消化吸収機能を整えることが結果的にめまいを抑える。主に起立性めまいに使う。

半夏白朮天麻湯は六君子湯の甘草と大棗を除いた生薬全てを含有する変方であり、苓桂朮甘湯に比べて利水作用が弱く、補気作用が強い。そのため、めまい+吐き気・食欲不振等がある場合に用いると良い。夏バテにもよい。メリスロンとの比較試験では同等性が示されている。

しゃっくりに使える漢方

第一選択は芍薬甘草湯、呉茱萸湯(冷えのある高齢者)。以外にも、半夏瀉心湯(冷えのある若い人)、茯苓飲、カネックス等がある。

いろいろな漢方薬に含有している甘草の作用

漢方薬の中に最も多く含まれている成分といても過言ではない甘草、その甘草の成分であるグリチルリチン、グリチルレチン酸は皮膚科領域でグリチロンという錠剤でも広く使われています。

グリチルリチンには、

  • 抗炎症作用(血管透過性抑制作用、白血球遊走抑制作用、肉芽形成抑制作用)
  • 抗アレルギー作用(ケミカルメディエータ遊離抑制による、ヒスタミン遊離の抑制、PLA2抑制による、ロイコトリエン類の抑制)
  • 免疫調節作用(マクロファージ抑制、NK細胞・IFNの賦活)
  • ステロイドホルモンの代謝酵素を阻害することで内因性ステロイドを増加させる
  • 血小板凝集抑制作用

などの作用がある。

カンゾウを摂り過ぎると偽アルドステロン症に注意が必要。

偽アルドステロン症は、グリチルリチンの代謝物であるグリチルレチン酸が、コルチゾールを不活性なコルチゾンに変換する11β-HSD2の活性を阻害することで発症すると言われる。コルチゾールのミネラルコルチコイド受容体への結合が高まり、アルドステロンと同様の作用(カリウム値の極端な低下、ナトリウム値上昇、血圧上昇、浮腫)が発現する。

カンゾウを1日2.5g以上含む代表的漢方薬は、甘草湯、小青竜湯、人参湯、半夏瀉心湯、芍薬甘草湯、黄連湯、桔梗湯、桂枝人参湯らがある。中でも芍薬甘草湯の6g/日での発現頻度が高い。以外にも抑肝散(1.5g/日)の報告割合が高いも注意したい。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ