抗痒/抗炎症薬の種類

分類 成分名 適用法
亜鉛華 亜鉛華 酸化亜鉛
サトウザルベ
ポチシート
カチリ 酸化亜鉛+フェノール
タール剤 グリパスC グリテール+亜鉛華+ジフェンヒドラミン
グリメサゾン グリテール+デキサメタゾン
モクタール モクタール
アズレン軟膏 アズノール ジメチルイソプロピルアズレン
クロタミトン軟膏 オイラックス(H) クロタミトン(ヒドロコルチゾン)

亜鉛華軟膏(20%)と亜鉛華単軟膏(10%)は、酸化亜鉛の濃度が異なる。継続使用では20%は過乾燥で痒みなどを生じるので10%が最適である。

また、基剤も亜鉛華単軟膏がサラシミツロウと植物油の油同士を混ぜたものであるため、吸水性が低いが、亜鉛華軟膏の基剤は白色軟膏(乳化剤配合)であるため、前者に比べて吸水性が高い。すなわち、浸出液が多い時は亜鉛華軟膏、少なくなってきたら亜鉛華単軟膏に変えるのが望ましい。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ