局所麻酔薬の種類

分類 成分名 適用法 特徴
アルカロイド コカイン 表面 麻薬、組織浸透性が高く表面麻酔のみの適用
エステル型 塩酸プロカイン 浸潤
伝達
脊椎
組織浸透性が悪い。歯科領域で主として用いる
塩酸オキシプロカイン 表面 泌尿器、気管、胃などの麻酔
塩酸テトラカイン 表面
浸潤
伝達
脊椎
プロカインより強力かつ毒性強い
アミノ安息香酸エチル 表面 皮膚の鎮痛、鎮痒
アミド型 塩酸ジブカイン 表面
浸潤
伝達
脊椎
効力はかなり強いが毒性も強い
リドカイン 表面
浸潤
伝達
脊椎
中枢抑制作用もしめす。抗不整脈薬としても用いる
塩酸メピバカイン 浸潤
伝達
脊椎
 
その他 オキセサゼイン 表面 製品名ストロカインとして胃粘膜の鎮痛に用いる

ここで紹介した中で実際に痒み止めとして使われているのは、アミノ安息香酸エチル、塩酸ジブカイン、リドカインの3種でしょう。 ジブカインとリドカインは市販の痒み止めの中によく配合されています。皮膚科領域ではリドカインワセリンの形で痛み止めとして たまに使用されます。

エステル型は血中のコリンエステラーゼにより分解されるので、持続時間が短く、アレルギーを起こしやすいが、アミド型はコリン エステラーゼにて分解されないため、持続性である。アミド型は肝臓にてP450で代謝を受ける。

なお、アトピーの治療薬として載せてはいますが、全身性、中枢性の副作用が心配されるため、 実際のアトピー性皮膚炎の治療には用いませんので注意してください。局所麻酔薬入りの薬は全身の痒みではなく、蚊に刺されたときの ような局所の痒みに用います。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ