序論

アトピーの人は皮膚のバリアが弱いので、ダニやハウスダストなどのアレルゲン(アレルギーのもとになるもの)が 弱いバリアを突き破ってどんどん皮膚の細胞の中へ入ってきます。

みなさんは自分の家の中に見知らぬ人がどんどん入ってきたら どうしますか?もちろん追い出すでしょう?

それと同じことを皆さんの体がしていると思ってください。

アレルゲンVSマクロファージ

アレルゲンが体の中に入ると、まず皮膚の細胞の中にいるマクロファージとかランゲルハンス細胞ってやつがアレルゲンを補足にかかります。 ランゲルハンス細胞君は抗原を補足することしか出来ず処理は出来ません。

マクロファージ君はアレルゲンを処理する能力を持っていますが この時点ではマクロファージ君は弱いのでアレルゲンを完全に処理し切れません。

そこでマクロファージ君は、助けを呼ぶために五つのSOS信号 を発します。

”IL”というのは”インターロイキン”の略で、その他TNF-αなど免疫調節にかかわる物質(白血球同士がやり取りするのに必要な信号)のことをサイトカインと呼びます。
※ステロイドはマクロファージの集積を抑制します。

マクロファージの攻撃

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ