非特異的免疫反応

ランゲルハンス細胞・真皮樹状細胞には異物の貪食作用はありませんが、マクロファージや好中球は異物の貪食作用を持ちます。

白血球が細胞内に侵入した後、抗原は好中球とマクロファージによる貪食作用を受け、リソソーム内のミエロペルオキシダーゼetc…により殺菌されます。

マクロファージは同じくリソソーム内のプロテアーゼetc…により抗原をペプチドまで分解し、ペプチドはマクロファージ細胞表面に発現しているMHC分子(ヒトHLA)と複合体を作ってヘルパーT細胞へ受け渡されます。

なお、B細胞、ランゲルハンス細胞・真皮樹状細胞も表面にMHC分子を発現しているため抗原提示能力を持ちます。

MHC分子というのもCDと同じように名札のようなもの と考えてください。

MHCクラスⅠ分子はすべての細胞に発現していますが 、MHCクラスⅡ分子はマクロファージやB細胞など特定の細胞にしか発現していないということを覚えておいてください。



コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ