アトピーと入浴剤

健康な皮膚の人であれば、塩化ナトリウム(食塩)やイオウ、炭酸水素ナトリウムなどの含有した入浴剤は全く問題ありませんが、アトピーの場合は、角質剥離・溶解作用が 逆に皮膚を傷めるので、入浴剤を使用したい場合は、アロマテラピーの精油を2、3滴垂らして入浴するくらいが一番負担がかからないと思います。

ストレスを軽減でき、かつ皮膚に負担をかけないような入浴法が最もアトピー治療に適していると思います。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ