オピオイド薬の種類

オピオイド受容体は、μ、κ、δに分類されます。

μ受容体のアゴニストは、βエンドルフィン、モルヒネ、フェンタニル、ブプレノルフィン、メサドンが該当し、よく知られている鎮痛、鎮静、興奮、呼吸抑制、胃腸運動抑制作用以外にかゆみの誘発作用を示す。アンタゴニストはナロキソン、ナルトレキソンが該当する。

κ受容体のアゴニストは、ダイノルフィン、ナルフラフィンが該当し、鎮痛、鎮静、利尿作用と、かゆみを抑制する作用があります。アンタゴニストはnorBNIが該当する。

分類 商品名 一般名
κ受容体作動薬 レミッチ ナルフラフィン

ナルフラフィンの適応は、血液透析患者におけるそう痒症状の改善(既存治療で効果不十分な場合のみ)で、アトピー性皮膚炎の適応はありません。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ