broad-band UVB療法

今現在UVB療法には、broad-band(広域)UVB療法とnarrow-band(狭域)UVB療法があります。

UVBの帯域は290~320nmと非常に短い波長帯域だが、その中でも300~313nmの波長、特に313nmの波長は最小紅斑量が最も高く、乾癬に有効であるとされる(300nm以下は無効)。

この帯域のUVBはnarrow-band UVBとして、ピーク値311nm±2nmのNB-UVB蛍光管(フィリップスTL01)の形で使用されている。

NB-UVBの有効性はまだ信頼に値するものではないが、PUVAのようにソラレンを使わないため、治療後の遮光などの生活制限がなく、発がん性もPUVAよりは少ないために 今後の活躍が期待できる。

免疫系への作用としてはPUVAと同じように即時型、遅延型アレルギーを抑制する。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ