broad-band UVA療法

通常の蛍光管を用いたbroad-band UVA療法は、あまり効果が得られない。これは、照射量だけの問題ではなく、単位時間当たりの照射量(照射率)が問題であるため、 蛍光管でなく、より強力なメチルハロゲンランプなどを用いる必要がある。

UVA(320~400nm)をUVA1(340~400 nm)とUVA2(320~340 nm)に分けると、UVA2の性質ははUVBに類似しているために、連続照射によって紅斑が惹起される。

よって、broad-band UVAを大量に照射することはUVA2のその作用のために危険である。

UVA1療法は一重項酸素を介して即時アポトーシスを誘導することが示唆されていて、これがアトピー性皮膚炎に対する優れた効果を発現するとされる。

照射装置も特別であることから今現在は普及していないが、今後に期待する。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ