参考文献

  • スタンダード免疫学(小林芳郎 丸善)
  • 薬理学(重信弘穀 南江堂)
  • SAFE-DIガイドラインシリーズ
  • 調剤と情報
  • 日経DI
  • 青本(薬学ゼミナール)
  • 皮膚疾患100の質問(メディカルレビュー社)
  • Pharmavision
  • 「日経DIクイズ 服薬指導」
  • 「服薬マネジメント」虎の巻
  • 臨床応用漢方処方ガイド(カネボウ)
  • 機能形態学マニュアル(高柳一成 南山堂)
  • 「服薬マネジメント」虎の巻
  • シグナル伝達がわかる(秋山徹)
  • 分子生物学実況中継2(井出利憲)
  • アレルギー・免疫(医薬ジャーナル社)
    • 粘膜方、結合織型マスト細胞の分化(森井英一)
    • マスト細胞の分化(西山千春)
    • マスト細胞のトランスクリプトーム(斉藤博久)
    • FcεRI遺伝子の発現制御機構(高橋恭子、羅智せい)
    • マスト細胞のシグナル伝達(布村聡、羅智せい)
    • マスト細胞の活性化とROS、RNS(吉村哲郎、鈴木良弘、羅智せい)
    • 単量体IgEによるマスト細胞の活性化(田中智之)
    • マスト細胞とアラキドン酸代謝(上野紀子、村上誠)
    • マスト細胞の組織浸潤機構(田中あかね、松田浩珍)
    • マスト細胞と組織リモデリング(岡山吉道)
    • 気管支喘息と神経ペプチド(阿部利夫、吉原重美)
    • アトピー咳そうと自律神経(塩谷隆信他)
    • アトピー性皮膚炎と自律神経(片山一朗、室田浩之他)
    • 蕁麻疹と自律神経(片岡葉子)
    • メモリー型T細胞:アレルギー反応を制御する新たなT細胞サブセット(久保まさと)
    • IgE抗体産生とB細胞のシグナル(山田武千代、窪誠太他)
    • マスト細胞とIgE抗体(岡山吉道)
    • 樹状細胞とIgE抗体(加藤則人)
    • 杯細胞過形成の分子機序(相良博典)
    • 平滑筋肥厚の分子機構(土橋邦生)
    • 気道リモデリングにおける血管新生の分子機序(金澤博)
    • Th1/Th2バランスの観点から(山田裕美他)
    • 湿疹反応とリモデリング(片山一朗他)
    • 皮膚好酸球性炎症におけるリモデリング(佐藤貴浩)
  • 皮膚アレルギーフロンティア(メディカルレビュー社)
  • 薬科微生物学(加藤文男他)
  • 今日の治療薬
  • ハワイでアトピーが治った(佐藤綾美)
  • アトピー性皮膚炎の温泉・水治療法(野口順一)
  • アトピー性皮膚炎は温泉で治る(小川秀夫)
  • 竹エキスで素肌が活きかえる(戸井田上)
  • 花粉症 甜茶がこんなに効くなんて!(久郷晴彦)
  • シジュウムでアレルギーを治そう(鈴木五男他)
  • 奇跡のカテキン(島村忠勝)
  • 栄養と生体応答(菅原努他)
  • 塩と健康(村上正雄)
  • 馬の油の成分に凄い薬効があった(木下繁太郎)
  • ケミカルバイオロジー(半田宏)
  • お風呂の愉しみ(前田京子)
  • オリーブ石鹸、マルセイユ石鹸を作る(前田京子)
  • 日本薬剤師会雑誌

参考サイト

全般

  • 脂質と血栓の医学(http://hobab.fc2web.com/index.html)
  • メルクマニュアル医学百科(http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/index.html)
  • Pain Relief(http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/index.html)
  • オピオイド系鎮痛薬(http://www.technomics.co.jp/detail/pdf/yakka_c11.pdf)
  • e-learning解剖学ノート(http://www.lib.kobe-u.ac.jp/products/anatomy/)
  • 体性感覚と内臓感覚(http://www.acpt.jp/acpt_resumeFile/neu06.pdf)
  • 生体はいかに温度をセンスするか(http://wwwsoc.nii.ac.jp/psj/jpsj/06504/065040130.pdf)
  • 体に優しい癌治療(http://www.1kampo.com/main_frame.html)
  • パワーオブコスメ(http://www.mimi-ch.com/)
  • 馬油と梅雲丹の薬師堂(http://www.yakushido.com/keisaisi/aroma.htm)
  • NFレセプター(http://www.shiyaku-daiichi.jp/special/lec/hod/hod_2.htm)
  • nature asia(http://www.natureasia.com/japan/login/)
  • 最近のトピックス(http://www.dent.niigata-u.ac.jp/nds/journal/312/t312_oda.pdf)
  • 腫瘍壊死(えし)因子のシグナルが核内に伝わる分子メカニズムを解明(http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2004/040908/index.html)
  • LIST OF APOPTOSIS REGULATORS(http://www-personal.umich.edu/%7Eino/List/AList.html)
  • KEGG - Table of Contents(http://www.genome.ad.jp/dbget-bin/www_bget?hsa+8737)
  • 日本臨床免疫学会会誌
    (http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jsci/-char/ja)(http://www.jstage.jst.go.jp/article/jsci/28/5/28_333/_article/-char/ja)
  • 白血球分画が皮膚の健康状態と関連するメカニズム(http://www.cosmetology.or.jp/2001/9-19.pdf)
  • 皮膚科学(http://www.worksnet.co.jp/hamamatsu/university/report_open/PDF/H16/%E7%9A%AE%E8%86%9A%E7%A7%91%E5%AD%A6.pdf)
  • 黒木, 慶一郎 (2004) 氏の論文要旨(http://eprints.lib.okayama-u.ac.jp/8358/)

下行性抑制系のページ

  • ゲートコントロール仮説の鎮痛機序と疑問(http://mchiro.exblog.jp/17727018)
  • 脊髄後根神経節 dorsal root ganglion: DRG(http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/anat-drg.html)
  • 下行性制御機構:ノルアドレナリン(http://d.hatena.ne.jp/ucymtr/20120618)
  • 内因性疼痛抑制系(http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/anat-antinoci.html)

視床と視床下部のページ

  • 視床(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%96%E5%BA%8A)
  • 視床下部(http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/anat-endocrine.html)

大脳皮質・辺縁系・基底核のページ

  • 辺縁系・大脳髄質(http://shiketaioflegend.sakura.ne.jp/)
  • 線条体(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%9A%E6%9D%A1%E4%BD%93)
  • 海馬傍回(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E9%A6%AC%E5%82%8D%E5%9B%9E)
  • 扁桃体(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%81%E6%A1%83%E4%BD%93)
  • 「人間の脳」と「記憶」について(http://www.saiken.jp/pg217.html)
  • 脳の機能と構造(http://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0220c/start.html)
  • 認知症コーナー(http://shimada-no-dem.seesaa.net/article/232380837.html)
  • 情動と記憶(http://tmin.igakuken.or.jp/medical/08/memory3.html)

交感神経のページ

  • アドレナリン受容体(http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/anat-receptor.html#adr-a2)
  • デクスメデトミジン-α2アドレナリン受容体とイミダゾリン受容体(http://www.maruishi-pharm.co.jp/med/libraries_ane/anesthesia/pdf/39/06.pdf)
  • デクスメデトミジン(http://books.google.co.jp/books?id=kDeZHTTmYLQC&pg=PA253&lpg=PA253&dq=%CE%B1%EF%BC%92%E5%8F%97%E5%AE%B9%E4%BD%93%E3%80%80%E8%84%8A%E9%AB%84%E5%BE%8C%E8%A7%92&source=bl&ots=TZ9T_-zQBe&sig=6VSSVtoMWQ8yG-8xAoVp1kWkPKg&hl=ja&sa=X&ei=COt8UYutO82XkgW4oYHYCA&ved=0CHgQ6AEwCQ#v=onepage&q=%CE%B1%EF%BC%92%E5%8F%97%E5%AE%B9%E4%BD%93%E3%80%80%E8%84%8A%E9%AB%84%E5%BE%8C%E8%A7%92&f=false)

セロトニンのページ

  • セロトニンの生理作用(http://www.serotonin-dojo.jp/article04.html)
  • SNRIとパニック障害(http://www.fuanclinic.com/pdplaza/contents_9/40.html)
  • ミルタザピンの作用機序(http://medical.radionikkei.jp/medical/suzuken/final/090910html/)
  • 医薬ジャーナル 2000.2(http://www.sam.hi-ho.ne.jp/tootake/zisyo4.htm)
  • パニック障害の治療 薬物療法(http://www.heartclinic-machida.com/kokoro/senmon/panic08.html)
  • モノアミン(http://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3)
  • 感覚異常に対する触刺激のアプローチからの考察(http://www.j-s-c.jp/ronbun/araki/2.pdf)
  • メラトニン(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%B3)

うつ病のページ

  • ミルタザピンの作用機序(http://medical.radionikkei.jp/medical/suzuken/final/090910html/)

統合失調症、ドパミンのページ

  • ドパミンD2受容体の新しい細胞内シグナル伝達系と統合失調症(http://lifesciencedb.jp/dbsearch/Literature/get_pne_cgpdf.php?year=2006&number=5111&file=tzWk0Kp/mbh/UQqFWnIDKA==)
  • 前頭前野の不安回路と薬物依存(http://www.blog.crn.or.jp/report/04/68.html)
  • アップロ ドパミン神経(http://applo.upper.jp/mind/index.php?id=r1203764353)
  • 前頭葉とドーパミン受容体(http://www.geocities.jp/s206z/sz0903.htm)
  • アミン類の神経核(http://kaiwa-kouza.com/contents/sub/common/amine_zentai_z.html)

アセチルコリンのページ

  • アセチルコリン(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%81%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%B3)
  • アップロ アセチルコリン神経(http://applo.upper.jp/mind/index.php?id=r1203073281)
  • アセチルコリンの神経核(http://kaiwa-kouza.com/contents/sub/common/acetylcholine_z.html)
  • 第22回神経放射線ワークショップ(http://plaza.umin.ac.jp/~02nrw-t/sasaki.pdf)
  • アセチルコリンと知的発達停滞(http://www.blog.crn.or.jp/report/04/62.html)

ノルアドレナリンのページ

  • 抗うつ薬のミルタザピンの付加療法は統合失調症の認知機能障害を改善させる(http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1288570/1306311/68549125?page=2)
  • アップロ ノルアドレナリン神経(http://applo.upper.jp/mind/index.php?id=r1201834880)
  • ノルアドレナリン神経(http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/basic-chatechol.html)
  • アミン類の神経核(http://kaiwa-kouza.com/contents/sub/common/amine_zentai_z.html)

高血圧と腎臓のページ

  • 腎糸球体とボーマン嚢(http://plaza.umin.ac.jp/~histsite/sikyutainoroka.pdf)
  • 腎泌尿器系(http://tokyo.schoolbus.jp/~tokyomd/2002M1/anatomy/histology/urinary_system.html)
  • 糖尿病新聞(http://www.murakami-kinen.or.jp/tonyonews/2005/0627.htm)
  • 腎・糸球体での濾過機能について(http://q.hatena.ne.jp/1225021997)

腸神経系のページ

  • ストレスと消化管の関係(http://www.seirogan.co.jp/medical/stress.html)
  • 排尿の神経機構(http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/AN00142148/KJ00004216867.pdf)
  • 迷走神経の高さ(http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/brain_mri/figm.html)
  • stresscopin(http://www.peptide.co.jp/new-product/318.html)
  • 基礎栄養学(http://books.google.co.jp/books?id=wX-vNQiSc2wC&pg=PA149&lpg=PA149&dq=%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%BC%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E5%8F%A2%E3%80%80%E7%B4%B0%E8%83%9E%E4%BD%93&source=bl&ots=6EPA4wuesI&sig=vRWXNKqBnRqlyj3Af1bfEEXXZtk&hl=ja&sa=X&ei=LCIsU4H1FIbZkgW_3YGACA&ved=0CDIQ6AEwAQ#v=onepage&q=%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%BC%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E5%8F%A2%E3%80%80%E7%B4%B0%E8%83%9E%E4%BD%93&f=false)
  • 外来化学療法における副作用対策(http://www.cancertherapy.jp/gairai_2012/2012_11/pdf/2012_11_07_01.pdf)
  • 悪心・嘔吐(http://www.pm.med.osaka-u.ac.jp/edrug/pdf2/nauseavomiting.pdf)
  • アップロ・延髄(http://applo.upper.jp/mind/index.php?id=r1200302453)
  • 臨床消化器内科(http://www.nmckk.jp/pdf.php?mode=magsample&category=CLGA&vol=28&no=2)
  • カレントテラピー(http://www.lifemedicom.co.jp/current_therapy/31-12/_SWF_Window.html?pagecode=26)
  • 腸神経系(http://www.minohonosaru.com/cyou1/cyou/cyousinkei.html)

筋弛緩薬のページ

  • 筋紡錘テクニック →明日にします<(_ _)>(http://blogs.yahoo.co.jp/gdmfd345/7682072.html)
  • 野口晴哉の究極と、至高のフェルデンクライス その4(http://o-medicine.net/humanbody/httpo-medicine-nethumanbodyvs-ultimate-supremacy-3b/)
  • 筋紡錘(http://www2.vmas.kitasato-u.ac.jp/physiology/YoneBranch/kinbosui.html)
  • 授業ノート【筋紡錘】(http://ameblo.jp/m-nico2/entry-10868967095.html)
  • ()
  • ()
  • ()

  • ()
  • ()
  • ()
  • ()
  • ()
  • ()
  • ()

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ