Wnt受容体

Wntとは、マウス乳がんの原因遺伝子int-1の産物として同定されたということと、ショウジョウバエの体節形成にかかわる遺伝子Winglessとの相同性から名づけられた 体軸形成、中枢神経発生、器官形成にかかわる糖タンパク質です。

Wnt経路には、細胞分化・背側形成にかかわるWnt/βカテニン経路、平面内細胞極性・原腸陥入運動にかかわるWnt/PCP経路、胚葉分離にかかわる Wnt/Ca2+経路の3つがあります。

Wnt/βカテニン経路では、Fz受容体と膜タンパク質であるLRP5/6が一緒に働いて、Wntリガンドが結合する。

すると、DvlがGSK-3を抑制して、βカテニンのリン酸化能 が低下し、分解を逃れたβカテニンが増加し、転写抑制因子であるTCF/LEFの働きを抑えて、転写を活性化する。 ユビキチンリガーゼについては後ほど^^;。

Wnt/PCP経路には、DvlからRho/ROCK経路に入るルートとJNK→c-junと進むルートがあり、Wnt/Ca2+経路はPKCやCaMKⅡ(カルモジュリンキナーゼⅡ)を活性化させてその作用 を示す。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ