Notch受容体

Notch受容体は1回膜貫通型の膜タンパク質で、同じ1回膜貫通型タンパク質でNotchのリガンドのDeltaと細胞接触にて結合して、細胞分化や維持に関わっている。

1回膜貫通型の膜タンパク質として作られたNotchはFurinという分解酵素によって切断され、二量体として細胞膜上で機能する。

DeltaがNotch受容体に結合すると、NotchはTACEと呼ばれるタンパク質分解酵素によって細胞外部分で切断された後、γセレクターゼにより細胞内部分で切断される。

切断されたNotchは自身の持つ核内移行シグナル(NIS)で核へと移行してその作用を示す。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ