転写→複製の流れ2

これらのサイトカイン(増殖因子も広義として含める)は、最終的に標的遺伝子のプロモーター領域のエンハンサー/サイレンサー上にある転写制御因子の機能を調節することで、 TATAboxの基本転写因子を活性化し、mRNAをコードする初期遺伝子(クラスⅡ遺伝子)がRNAポリメラーゼⅡによって転写される。

なお、RNAポリメラーゼなどについては後ほど述べることにする。

ここで作られた初期mRNAは、核へと移動してタンパク質が合成されます。合成されたタンパク質(Fos,Jun等)は、 さらに二次遺伝子の転写を促し、今度はサイクリン、CDKをはじめとしたS期(DNA合成期)に入るために必要な タンパク質を合成します。

サイクリン-CDK複合体は、Rb-E2FのRbをリン酸化することで、E2Fを遊離させて、その E2FはS期に関連する遺伝子の転写を促進させ、DNAポリメラーゼ等のDNA合成に必要なタンパク質が作られる。

こうしてS期に入った後は、G2期→M期(細胞分裂期)の順に進行し、新しい細胞が作られる。

以上が大まかな流れです。これからこの流れに沿って詳しいところを見て行きます。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ