DNAの転写(DNA→mRNA)

転写は遺伝情報を翻訳してタンパク質を作るのに必要な操作です。原核生物の場合は細胞質で、真核生物の場合はで行われます。

なぜ転写が必要かというと、DNAが所定の位置(核など)から移動できないためです(たぶん・・)。そこで、DNAの持つ遺伝情報をmRNA(メッセンジャーRNA)に転写して、リボソームまで行ってもらいます。

<真核、原核両者共通>

RNAポリメラーゼによりプロモーターが認識され、ついでシグマ因子が除かれてDNAがほどかれながら、3’末端→5’末端方向(複製と逆)に転写されてmRNAができます。

RNAポリメラーゼが酵素として働くための合図をするのがプロモーター、RNAポリメラーゼの誘導をするのがシグマ因子という感じです。

ここまでの過程は両者共通ですがここからがちょっと違います。mRNAが作られた後の話です。

<原核生物>

原核生物の場合は核という物がなく核様体として染色体がむき出しになっているため、そのままリボソームへ移動し蛋白合成へと進みます。

<真核生物>

真核生物の場合は核の中に染色体があり、核膜で覆われているためにそう簡単にはリボソームへ移動できません。

そこで、mRNAはまず装備を整えます(RNAプロセッシング) その時mRNAが身につける装備品は2つあって、5’末端に装備するRNAキャップ、3’末端に装備するポリAテール(アデニンの繰り返し配列)です。

装備が終わったmRNAは、今度はいらない脂肪(イントロン)を取り除き、必要な部分(エキソン)のみになるまで、体重を減らします。

こうして晴れて核から細胞質へと出て行き、リボソームへと移動するわけです。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ