初期mRNAを作るまで

初期mRNAを作るまで

サイトカイン、ホルモンなどの生理活性物質は脂溶性のものと、水溶性のものに分けることができます。

脂溶性のものは、ステロイドホルモン、ビタミンD、甲状腺ホルモン らが該当し、水溶性のものはサイトカイン全般と大部分のホルモンが該当します。

脂溶性リガンドは細胞膜を自由に通過できますので、細胞膜上の受容体に結合せず、直接細胞質へと移行し、核内の受容体型転写制御因子に結合してその作用を示します。

ステロイドは下記の図で言う脂溶性薬物に相当します。

一方、水溶性リガンドは、先ほど述べたような、受容体に結合→初期mRNA合成・・・というルートをたどります。

ただ、大まかな流れ1で話したとおり、ルートは1つではなく、リガンドの種類によっていくつかのルートに分けられます。

1、チロシンキナーゼ型受容体
2、JAK-STAT型受容体
3、TGF受容体
4、TNF受容体
5、Wnt受容体
6、ケモカイン受容体
7、Notch受容体
8、Toll-like受容体

次はこれらの受容体一つ一つについて述べますが、先に重要な事項として、

「タンパク質はリン酸化されることで活性化し、脱リン酸化されることで不活性化する。 よって、リン酸化酵素はタンパク質をリン酸化し、活性化することが出来る酵素で、ホスファターゼはタンパク質を脱リン酸化して不活性化することが出来る酵素である。

ということを覚えておいてください。これは非常に重要です。



コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ