前庭感覚(平衡感覚)

顔を横に振ると三半規管内のリンパ液の流れが逆方向に振られる。

その動きを察知した三半規管の有毛細胞(受容器)が前庭神経核へと情報を 送ると、前庭神経核は外眼筋を支配している動眼神経、外転神経、滑車神経へと情報を伝えて、眼球が顔を振ったほうとは逆の方向へ移動 する。

なお、前庭神経核は小脳へも投射していて、興奮を赤核、視床VL核、網様体に送ることで運動を調節している。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ