反射系

反射とは、意識しなくても(大脳皮質が関与しない)手、体、臓器が動くことを言う。反射には延髄の弧束核を通る経路と、脊髄後角から介在ニューロンを介して 前角へと入る経路がある。

弧束核を通る反射には、下図のように化学受容器反射、圧受容器反射、咽頭刺激、気道刺激、胃腸刺激などに対する反射経路がある。

いずれの刺激も求心性の迷走神経ないしは舌因神経により弧束核へと入力され、唾液腺は舌因神経として、他の筋は迷走神経(副交感神経)としてそれぞれの 作用を示す。

脊髄後角からの反射は、求心性神経であるⅠa繊維とⅠb繊維がその作用を担う。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ