副交感神経

副交感神経の上位中枢は自律神経の中枢である視床下部の室傍核で、そこから副交感神経の核へ投射される。

起始部 起始核 神経 機能
中脳 動眼神経核 動眼神経 眼の毛様体筋および瞳孔括約筋に分布して、その運動を司る。
顔面神経運動核 顔面神経 涙腺・顎下腺・唾液腺などに分布してその分泌を司る他、表情筋・眼輪筋・口輪筋等の筋支配。
延髄 なし 舌咽神経 耳下腺に分布して、その分泌を司る。舌咽神経は核を持たないほぼ求心性の神経。
延髄 迷走神経背側運動核 迷走神経 頸部・胸部及び腹部のすべての内臓に分布して、その平滑筋の運動及び腺分泌を司る。
仙髄 骨盤神経核 骨盤神経 仙髄から出て、骨盤の内蔵に分布して、直腸・膀胱・生殖器などの運動を司る。

一方、求心性の副交感神経の細胞体は、脊髄後根神経節や延髄の神経節に存在していて、それらは大概、延髄孤束核に終止する。

副交感神経終末での伝達物質はアセチルコリンであり、放出されたアセチルコリンはムスカリン受容体に結合し、下記のルートで交感神経作用に拮抗する。

アセチルコリンと書いてある部分を参照してください。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ