延髄

舌下神経核 孤束核内側部から入力され、舌筋を支配
三叉神経脊髄路核 三叉神経節から入力され、顔面神経に出力、大脳皮質(体性感覚野)へ投射
孤束核内側部 味覚以外(耳管、咽頭路など)の迷走神経、舌因神経の逆行路。求心性神経の終止核。疑核(横紋筋支配)や迷走神経背側核(平滑筋支配)を介した遠心性迷走神経への反射。視床VPL核→大脳皮質感覚野へ。
孤束核外側部 味覚の逆行路。求心性神経の終止核。視床VPM核→大脳皮質味覚野へ。
迷走神経背側核 迷走神経背側核は内側核と外側核があり、内側核の迷走神経背側運動核は舌咽・迷走神経の起始核として副交感神経を支配。外側核は孤束核の内側核として扱われ、求心性迷走神経の終止核となる。
前庭神経(内側核、下核) 橋~延髄にかけて存在。内側核と外側核は脊髄後角へ、CTZや前庭小脳、外眼筋支配神経核らにも投射。H1受容体やM受容体が存在し、ここを抑制すると乗り物酔いに著効。
疑核 上部ニューロンは舌因神経へ、中部ニューロンは迷走神経へ、下部ニューロンは副神経に入った後迷走神経へ入り、咽頭筋、甲状筋らを支配。
下オリーブ核 赤核から入力され、小脳へと投射する。
下唾液核 胃腸刺激→孤束核内側部から入力され、耳下腺を支配
錐体 錐体路である外側皮質脊髄路、内側皮質脊髄路の通り道で、脊髄前角へと投射する。
第四脳室 橋から延髄にかけて存在。CTZ(化学受容器引金帯:D2,NK1,5-HT3受容体)が存在。CTZへの刺激は、延髄網様体の嘔吐中枢を刺激して嘔吐を引き起こす。
延髄網様体 自律神経系の機械的刺激や科学的刺激に対する反射中枢が存在。D2,NK1,M,H1,5-HT2,3受容体が存在。
延髄と橋

延髄の反射中枢

呼吸中枢

延髄網様体に存在。肺の伸長受容器や血管の化学受容器からの情報と、橋の上位呼吸中枢により調節

心臓中枢

心臓抑制中枢(迷走神経背側核)と心臓促進中枢(延髄網様体から脊髄側柱上部T1~T4)よりなる。

圧受容器(大動脈弓・頚動脈洞)や化学受容器(頚動脈小体)などから情報を受ける。

血管運動中枢

橋・延髄の網様体に存在。血管収縮中枢(血圧上昇)と血管拡張中枢(血圧下降)よりなる。

圧受容器(大動脈弓・頚動脈洞)や化学受容器(頚動脈小体)などから情報を受ける。

消化管に関する反射中枢

嚥下、唾液分泌、吸引・咀嚼・嘔吐に関する中枢

嘔吐中枢は延髄網様体に存在する。消化管粘膜、腹膜、前庭器官などの情報を求心的に受けて、横隔膜と腹筋が同時に強く縮小して胃を強く圧迫(嘔吐を引き起こす)する。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ