大脳皮質(視覚野)と感覚路

視覚情報は網膜にある桿体錐体によって受容される。桿体は明暗を、錐体は色彩をそれぞれ受容する。受容された情報は視神経として、 双極細胞→神経節細胞→LGB→大脳皮質(視覚野)へと入力される。

感覚路にて受容された興奮の一部は、大脳皮質に行かずして神経節細胞で副交感神経路に入り、動眼神経副核(E-W氏核)に投射され、内眼筋 である瞳孔括約筋を収縮させる。

大脳皮質と前庭神経核からの出力は、外転神経核、滑車神経核、動眼神経核に対して行われる。これらは全て異なった方向の外眼筋を支配 している。外転神経の脱落は外側直筋の弛緩を意味するので、鼻側に眼球が寄る。滑車神経の脱落は上斜筋の弛緩を意味するので下を向けなくなる。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ