ステロイドの種類

ステロイドの強さ

副腎皮質ステロイドは生体が分泌しているヒドロコルチゾン(コルチゾール)と同じ作用を持ち、その多くは作用がさらに強力になる(プロドラッグ:脂溶性を高くすることで皮膚への吸収率を高めるなど)ように合成されています。

ヒドロコルチゾン、プレドニゾロンは電解質代謝(鉱質コルチコイド作用)の副作用ががありますが、半減期が短いため内服で主として使われます。ベタメタゾン、デキサメタゾンは電解質代謝の副作用がない上に、糖質コルチコイド作用が強いため好んで使われますが、その作用の強さゆえに副作用も出やすくなります。

内服薬

商品名 一般名
リンデロン 吉草酸ベタメタゾン
レダコート トリアムシノロンアセトニド
プレドニゾロン プレドニゾロン
セレスタミン ベタメタゾン+マレイン酸クロルフェニラミン

内服薬は用量依存的に効果が増加するため、ランクの概念はない。

外用薬(軟膏・クリーム・ローション・テープ)

ランク 商品名 一般名 Oit Cr Lo
strongest
(最強)
デルモベート プロピオン酸クロベタゾール
ジフラール
ダイアコート
酢酸ジフロラゾン
very strong
(かなり強力)
リンデロンDP シプロピオン酸ベタメタゾン
マイザー
後)サイベース
後)スチブロン
ジフルプレドナート


×
×

ネリゾナ
テクスメテン
吉草酸ジフルコルトロン
トプシム
シマロン
フルオシノニド
ビスダーム アムシノニド
アドコルチン ハルシノニド
ブデソン ブデソニド
パンデル 酢酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン
アンテベート 酢酸プロピオン酸ベタメタゾン
フルメタ フランカルボン酸モメタゾン
strong
(強力)
リンデロンV(G) 吉草酸ベタメタゾン(ゲンタマイシン配合)
メサデルム プロピオン酸デキサメタゾン
プロパデルム プロピオン酸ベクロメタゾン
ザルックス
ボアラ
吉草酸デキサメタゾン
フルコート
フルゾン
フルオシノロンアセトニド
エクラー プロピオン酸デプロドン
medium
(中等度)
ケナコルトA
レダコート
トリアムシノロンアセトニド
テストーゲン ピバル酸フルメタゾン
ロコイド
プランコーン
酢酸ヒドロコルチゾン
キンダベート
後)キンダロン
後)パルデス
酢酸クロベタゾン

×
×
×

アルメタ プロピオン酸アルクロメタゾン
リドメックス 吉草酸酢酸プレドニゾロン
オイラゾンD
グリメサゾン
デキサメタゾン配合剤 ×

×
×
×
weak
(弱い)
デキサメサゾン デキサメタゾン
プレドニゾロン プレドニゾロン
コルテス
テラ・コートリル
酢酸ヒドロコルチゾン
ドレニゾン フルドロキシコルチド
ダブベタ ベタメタゾン
セレスタミン ベタメタゾン+マレイン酸クロルフェニラミン
オイラックスH ヒドロコルチゾン

※テープ剤は、ドレニゾンとエクラーが該当。

外用薬(点鼻液・粉末)

薬剤名 成分名 用法
アルデシンAQネーザル点鼻液
ナイスピー点鼻液
ベクロメタゾンプロピオン酸エステル 1日4回、1回1噴霧
(小児1日2回)
リノコートカプセル鼻用
リノコートパウダースプレー鼻用
1日2回、1回1噴霧
フルナーゼ点鼻液 フルチカゾンプロピオン酸エステル 1日2回、1回1噴霧
ナゾネックス点鼻液 モメタゾンフランカルボン酸エステル 1日1回、1回2噴霧
(小児1回1噴霧)
アラミスト点鼻液 フルチカゾンフランカルボン酸エステル 1日1回、1回2噴霧
エリザスカプセル外用
エリザス点鼻粉末
デキサメタゾンシペシル酸エステル 1日1回、1回1噴霧
コンドロンデキサ点眼・点耳・点鼻液 デキサメタゾンメタスルホ安息香酸エステルナトリウム 1日1~数回
リンデロン点眼・点耳・点鼻液 ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム 1日1~数回
リンデロンA点眼・点鼻液 ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム+フラジオマイシン 1日1~数回
オルガドロン点眼・点耳・点鼻液 ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム 1日1~数回

リノコートとエリザスは粉末製剤で他は液体製剤。

※エリザスの使用法補足:薬剤はポンプ内ではなくノズルのすぐ下の薬剤タンクに入っている。ノズルを回した後、噴霧器を立てた状態で2~3cmの高さから2~3回軽くトントンする操作により正確な薬剤が計量部へと順転される仕組みになっている。そのため、忘れてしまった場合通常よりも少ない量の薬しかセットされない可能性があるの。

外用薬(点眼・眼軟膏・点耳・耳科軟膏)

薬剤名 成分名 点眼 ハード ソフト 眼軟膏 点耳 耳軟膏
コンドロンデキサ デキサメタゾンメタスルホ安息香酸エステルナトリウム × × - -
サンテゾーン × - -
ビジュアリン × - -
酢酸プレドニゾロン
プレドニン
プレドニゾロン酢酸エステル - - - - -
リンデロン ベタメタゾンリン酸エステルNa × - -
リンデロンA ベタメタゾンリン酸エステルNa+フラジオマイシン × -
ネオメドロールEE メチルプレドニゾロン+フラジオマイシン - - - -
フルメトロン
オドメール
フルオロメトロン × × - - -
HCゾロン × × - - -

ソフト・ハードはコンタクトレンズ使用中の点眼薬使用の可否。不可の場合はコンタクトレンズを外して点眼後、15分空けて、ハメなおす。

なお、ソフトコンタクトレンズでもワンデーのものであればハードと同じ扱いで構わない。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ