ニューロペプチド(CGRP/SP)

神経内に存在し、生理活性を示す物質のことをニューロペプチドと言います。ペプチド(アミノ酸の繰り返し)は水溶性ですので、脂溶性 のステロイドとは違い、核受容体に結合しその作用を示します。

サブスタンスPは脊髄での知覚神経第一次ニューロンの伝達物質であり、血管拡張、血管透過性亢進作用を示します。

CGRPは知覚神経第一次ニューロンの終末に存在するとともに脳にも存在していて、腸管膜動脈近位ではNO依存に、神経ではCa依存に強力な 血管弛緩作用を示します。

CGRPは、肥満細胞に作用してTNF-αを遊離させることにより、local suppressionを誘導する。


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ