NK細胞

IL-12により誘導されたNK細胞はINF-γをだしマクロファージの活性化と抗ウィルス作用に関与する。NK細胞が行う2つの作用は以下のとおり。

NK(ナチュラルキラー)細胞の作用

  • INF-γによるマクロファージ活性化
    INF-γによってマクロファージが活性化されると、今までのようなリソソームによる殺菌・分解に加えて、細胞内のNADPHオキシダーゼによりスーパーオキシドアニオンを作って強力な殺菌作用を示すとともに、運動能も高まる。

  • 抗ウイルス作用
    NK細胞の抗ウィルス作用は、キラーT細胞の作用とかぶらない。なぜなら、キラーT細胞が認識するMHCクラスⅠ抗原を認識しないためである。

逆に、MHCクラスⅠ抗原がない癌細胞のようなものに対しては殺菌作用を示す。

INF-γはインターフェロンガンマの略で、インターフェロンの3つのサブタイプ(α、β、γ)のうちのひとつである。ウィルス標的レセプターにくっつくことで結合を阻害する

  • INF-α:白血球で産生
  • INF-β:繊維芽細胞で産生
  • INF-γ:NK、T細胞で産生


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ