キラーT細胞

体が外部抗原と戦う因子はマクロファージ、好中球、NK細胞、抗体と来て、後もうひとつキラーT細胞がある。

これはT細胞により呼び覚まされた後、自己の腫瘍細胞表面のクラスⅠ分子をキラーT細胞上のCD8で認識し、 抗ウィルス作用を示す。

クラスⅠ分子は全ての自己細胞上及び抗原提示細胞上に発現しているが、キラーT細胞が認識するのはあくまで“クラスⅠ+抗原”であり、 クラスⅠ単体では攻撃できない。

そして、“クラスⅠ+抗原”の“抗原”が自己の細胞であった場合は、外部抗原でなく自分を攻撃することとなるが、 通常は胸腺での分化の過程でアポトーシスにより殺されているので大丈夫。

で、キラーT細胞の抗ウィルス作用は大きく2つ、パーフォリン/グランザイム経路とFas/FasL経路に分けられる。

 パーフォリン/グランザイム経路・・・・・パーフォリンにより細菌膜に穴を開ける
 Fas/FasL経路・・・・・・・・・・・・・FasLがFas発現細胞にくっつくとアポトーシス


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ