加算料(計量混合)

概要(調剤報酬点数表

2種以上の薬剤(液剤、散剤若しくは顆粒剤又は軟・硬膏剤に限る。)を計量し、かつ、混合して、内服薬若しくは屯服薬又は外用薬を調剤した場合は、所定点数に、1調剤につきそれぞれ次の点数(予製剤による場合はそれぞれ次に掲げる点数の100分の20に相当する点数)を加算する。

ただし、自家製剤加算のある場合又は当該薬剤が自家製剤加算のただし書に規定する別に厚生労働大臣が定める薬剤である場合は、この限りでない。

括弧内は予製の点数。

  • イ 液剤・・・・・35点(7点)
  • ロ 散剤又は顆粒剤・・・・・45点(9点)
  • ハ 軟・硬膏剤・・・・・80点(16点)

補足(調剤報酬点数表に関する事項

ア 計量混合調剤加算は、薬価基準に収載されている2種類以上の医薬品(液剤、散剤若しくは顆粒剤又は軟・硬膏剤に限る。)を計量し、かつ、混合して、液剤、散剤若しくは顆粒剤として内服薬又は屯服薬を調剤した場合及び軟・硬膏剤等として外用薬を調剤した場合に、投薬量、投薬日数に関係なく、計量して混合するという1調剤行為に対し算定できる。なお、同注のただし書に規定する場合とは、次の場合をいう。

  • (イ) 液剤、散剤、顆粒剤、軟・硬膏剤について注6の自家製剤加算を算定した場合
  • (ロ) 薬価基準に収載されている薬剤と同一剤形及び同一規格を有する薬剤を調剤した場合

イ ドライシロップ剤を液剤と混合した場合は、計量混合調剤加算を算定するものとする。

ウ 処方された医薬品が微量のため、乳幼児に対してそのままでは調剤又は服用が困難である場合において、医師の了解を得た上で賦形剤、矯味矯臭剤等を混合し、乳幼児が正確に、又は容易に服用できるようにした場合は、計量混合調剤加算を算定できる。ただし、調剤した医薬品と同一剤形及び同一規格を有する医薬品が薬価基準に収載されている場合はこの限りではない。

エ 計量混合調剤は、医薬品の特性を十分理解し、薬学的に問題ないと判断される場合に限り行うこと。

加算同時算定の関係(内服薬の場合)

  嚥下困難加算 一包化加算 自家製剤加算 計量混合加算
嚥下困難加算 × ×
一包化加算 × ×
自家製剤加算
計量混合加算

注)上記は、同一処方箋の別剤において算定する場合に限る(同一剤の場合は、いずれも不可)(H26保険調剤QAQ58等)

嚥下困難加算は1剤1種類でも算定可能で、他の剤については一包化加算以外の加算を算定可能だが、他の剤についても飲みやすい状態になっていなければならない。

一包化加算は1剤3種類以上、2剤服用時点がかぶる場合に算定可能で、他の剤については嚥下困難加算以外の加算を算定可能だが、内服用固形剤に限る(錠剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤等)。

レセプト摘要欄(調剤報酬請求書及び調剤報酬明細書に関する事項

エ 同一の保険医療機関で一連の診療に基づいて同一の患者に対して交付され、受付回数1回とされた異なる保険医の発行する処方せんに係る調剤については、同一調剤であっても、それぞれ別の「処方」欄に記載することとされているが、このことにより、一包化加算、自家製剤加算及び計量混合調剤加算を算定した場合であって「処方」欄の記載内容からは加算理由が不明のときはその事由を記載すること。

オ 配合禁忌等の理由により内服薬を別剤とした場合には、その理由を記載すること。

補足(その他)

  • 混合に分包品を使用した場合は計量混合調剤加算を算定することはできない。(2種類以上の医薬品を計量かつ混合という項目に該当しないため)
    ※分包品の販売の有無で計量混合調剤加算を算定できないというわけではなく、その調剤において分包品を使用したかどうかで判断する。(H26年保険調剤Q&A Q92)
  • 服用時点と服用日数が同一である場合について、計量混合調剤加算をそれぞれに算定することはできない。ただし、調剤技術上の必要性から、配合禁忌や配合不適などの制約が生じる場合には、調剤料は別剤として算定できることになるため、計量混合調剤加算についても1調剤行為ごとにそれぞれ算定することが可能。(同Q&A Q90)
    例)
    Rp1)アスベリン散、ペリアクチン散、ムコダインDS(混合):分3 毎食後 7日分
    Rp2)セフゾン細粒、ビオフェルミンR(混合):分3 毎食後 4日分
    の場合、日数が異なる(2調剤になる)ため、計量混合加算は2調剤分算定できるが、日数がもし同じであれば1調剤分しか算定できない。
    抗生物質の別撒きは配合不適等には該当しないということ。(平成28保険調剤QA Q87)
  • 同一剤形でないもの同士の混合にて混合前と混合後の剤形に変更が生じる場合は、自家製剤加算を算定する。

Q&A(群馬県 社会保険委員会Q&Aより)

Q:尿素(散剤)12g、メンタックスクリーム30gを混合した場合の加算は?

A:剤形変更であるので自家製剤加算を算定できる。

Q&A(H28年調剤報酬改定)

(問3)上記の問に関連して、例のように濃度を変更するなどの目的で、2種類以上の薬剤の比率を変えて混合した処方が複数ある場合は、それぞれの処方を別調剤として取り扱った上で、計量混合調剤加算を算定できるか。

例)
Rp.1 A剤10g、B剤20g(混合)
Rp.2 A剤20g、B剤20g(混合)

(答)2種類の薬剤を計量し、かつ、混合した処方が複数ある場合は、それぞれについて計量混合調剤加算を算定できる。(例の場合は、Rp.1とRp.2のそれぞれについて、調剤料と計量混合調剤加算を算定できる)

Q&A(H24年調剤報酬改定)

(問1) 自家製剤加算および計量混合調剤加算のうち、「特別の乳幼児用製剤を行った場合」の点数は廃止されたが、乳幼児の調剤のために、矯味剤等を加えて製剤した場合や微量のために賦形剤・矯味矯臭剤等を混合した場合には、自家製剤加算又は計量混合調剤加算を算定できるという理解で良いか。

(答) 貴見のとおり。

(問2) 6歳未満の乳幼児(以下単に「乳幼児」という。)の調剤のために、矯味剤等を加えて製剤した場合や微量のために賦形剤・矯味矯臭剤等を混合した場合には、自家製剤加算又は計量混合調剤加算を算定することができるとされているが、当該加算は、乳幼児ごとにその必要性を適切に判断した上で行われるものであって、すべての乳幼児に対して一律に算定できるものではないという理解で良いか。

(答) 貴見のとおり。

(問3) 自家製剤加算又は計量混合調剤加算については、「疑義解釈資料の送付について(その2)」(平成24年4月20日)において、6歳未満の乳幼児に対する特別な製剤を行った場合には算定できることが示されたが、従来どおり、成人又は6歳以上の小児のために矯味剤等を加えて製剤した場合や微量のために賦形剤・矯味矯臭剤等を混合した場合にも算定できるという理解でよいか。

(答) そのとおり。

Q&A(H16年度診療報酬改定)

Q:医師の指示に基づき、液剤に散剤を加え、用時浸透して服用するように患者に指示の上交付したものは、計量混合加算が算定可能か。

A:計量混合加算は、①2種類以上の散剤又は顆粒剤を各々計量混合した場合、②2種類以上の液剤を各々計量混合した場合、③2種類以上の軟・硬膏剤を各々計量混合しあ場合であり、それ以外には、調剤上の特殊な技術工夫を伴わない。ドライシロップ剤と液剤の混合なども計量混合加算の対象である。

Q:ブロチン液とセネガシロップを混合した場合には、計量混合加算を算定するのか。

A:その通り。自家製剤加算は、個々の患者の特性に合わせ、市販されている剤形、含量では対応できない場合の製剤技術を評価したものであり、原則、剤形変更が伴う場合に算定可能である。一方、計量混合加算は、剤形変更を認めない散剤、顆粒剤、液剤、軟・硬膏の混合の場合に算定する。
また、以下の様な計量混合の場合も計量混合加算を算定できる。
①軟膏+クリーム
②散剤+顆粒

Q:計量混合加算は、内服薬及び頓服薬の場合のみか。

A:その他、外用剤として軟・硬膏剤、外用散剤、外用液剤も算定可能である。

Q:服用しやすくするためにシロップ剤に単シロップなどの矯味・矯臭剤を加えても計量混合加算が算定できるか。

A:医療上の必要性が認められる場合は算定可能であるが、医療上の必要性が認められず、患者の希望に基づく甘味剤等の添加では計量混合加算は算定できない。なお、当該サービスについて、一定の要件を満たせば患者から実費を徴収しても差し支えない。

Q:計量混合加算の場合、賦形のみでは算定不可か。

A:算定できない。処方された医薬品が微呂のためそのままでは調剤又は服用が困難である場合において、医師の了解を得た上で賦形剤などを混合した場合に算定できるのは、乳幼児のみである。ただし、医療上の必要性から処方箋上に保険医が乳糖などの混合の指示をした場合は、計量混合加算を算定できる。

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



記事No568 題名:Re:新人薬剤師様 投稿者:管理人tera 投稿日:2017-11-13 18:59:03

はじめまして。
単シロップ混合は基本的には薬剤料だけ算定して、計量混合加算は算定していないですね自分も。
理由は混ぜる対象がそのままでも問題なく飲めるためで、カロナールシロップなんかはそのままでも十分量があるし、味もそんなにまずくはないはずです。
乳糖混合もピリナジンみたいによっぽど一回量が少ない場合のみ算定してます。それでも返戻はきました。計量混合加算を算定していますがその意図を教えてくださいみたいな。
これについては、量が少ないためということでそのまま算定継続できてます。

こうした算定条件が曖昧な場合は、全ての対象患者に算定する場合は量が少ない理由以外は基本的に却下で、算定する場合は個々の患者ごとに個別に算定し、レセプトにコメントを記載する形になるでしょう。

もしかしたら、最初は算定していて、返戻をくらった経緯があるのかもしれませんね。
以上、取り急ぎ参考までに


記事No567 題名:矯味剤の計量混合について 投稿者:新人薬剤師 投稿日:2017-11-13 15:58:21

初めまして。よろしくお願いします。
当薬局では、カロナールシロップやオピセゾールコデイン液に単シロップを混合して調剤しています。両剤ともアドヒアランスをあげるためだそうです。
しかし、計量混合は算定しておらず、上司に聞いても理由が定かでないので、こちらに投稿しました。

(問3) 自家製剤加算又は計量混合調剤加算については、「疑義解釈資料の送付について(その2)」(平成24年4月20日)において、6歳未満の乳幼児に対する特別な製剤を行った場合には算定できることが示されたが、従来どおり、成人又は6歳以上の小児のために矯味剤等を加えて製剤した場合や微量のために賦形剤・矯味矯臭剤等を混合した場合にも算定できるという理解でよいか。

(答) そのとおり。

Q:服用しやすくするためにシロップ剤に単シロップなどの矯味・矯臭剤を加えても計量混合加算が算定できるか。
A:医療上の必要性が認められる場合は算定可能である
とあり、算定できると思うのですが、何か見落としているのでしょうか?


記事No561 題名:Re:綾小路様 投稿者:管理人tera 投稿日:2017-11-07 09:40:23

はじめまして。
→本当ですね。
計量混合加算は計量しなければ算定できないため、チューブの軟膏をそのまま用いたのであれば片方がバラだとしても算定できないということになります。

チューブから必要量を出して計量してから混合するのであれば算定可能です。(デルモベート軟膏のようにボトルがなくてチューブしか販売のない軟膏も有る)

5gチューブを押し出して量り取っても4.9gとかになってしまって正確に5g搾り取るのは結構難しいですし、軟膏の容器がピッタリサイズのものだと溢れ出ることもあるでしょう(ハクワセとか)。
こうした調剤の過程で処方量と異なる分量で調剤している薬局も多くあるかと思いますので、そちらのほうが問題かとは思います・・・。


記事No559 題名:軟膏の計量混合加算について 投稿者:綾小路 投稿日:2017-11-06 21:35:32

他のサイトで軟膏Aと軟膏Bを混ぜるときにどちらもチューブを使用した場合、「計量」していないということで加算が取れないということなのですが、本当なのでしょうか?
また、チューブ同士では加算が取れないとした場合、バラとチューブの混合では加算は取れるのでしょうか?
お手数ですが、回答の程よろしくお願いします。


記事No509 題名:Re:松本様 投稿者:管理人tera 投稿日:2017-07-26 20:53:02

はじめまして。
アスベリンDS 朝
ムコダインDS 朝夕
上記混合
のような処方ということですよね?
朝だけで計量混合加算を取ることはできます。その場合どちらか一方の調剤料の加算として計量混合加算を算定します。混合についてコメントで上記混合としておけばよいでしょう。
これで無理そうなら、
アスベリンDS
ムコダインDS 朝
上記混合→計量混合加算
ムコダインDS 夕
で入力すれば良いと思います。
ようはわかればいいので。
一包化加算も算定できますが、年齢的に若い場合どうか?といったところでしょう。
高齢者なら一包化加算にしてしまいますね。


ページトップへ