薬学管理料(麻薬管理指導)

薬剤服用歴管理指導料の麻薬管理指導加算(調剤報酬点数表に関する事項

麻薬を調剤した場合であって、麻薬の服用に関し、その服用及び保管の状況、副作用の有無等について患者に確認し、必要な薬学的管理及び指導を行ったときは、所定点数に22点を加算する。

ア 麻薬管理指導加算(「注3」に規定する加算をいう。以下同じ。)は、当該患者又はその家族等に対して、電話等により定期的に、投与される麻薬の服用状況、残薬の状況及び保管状況について確認し、残薬の適切な取扱方法も含めた保管取扱い上の注意等に関し必要な指導を行うとともに、麻薬による鎮痛等の効果や副作用の有無の確認を行い、必要な薬学的管理指導を行った場合に算定する。

イ 指導の要点は、薬剤服用歴の記録に記載すること。

在宅患者訪問薬剤管理指導等の麻薬管理指導加算(調剤報酬点数表に関する事項

在宅患者訪問薬剤管理指導等の麻薬管理指導加算は、所定点数に100点を加算する。

ア 麻薬管理指導加算は、麻薬の投薬が行われている患者に対して、定期的に、投与される麻薬の服用状況、残薬の状況及び保管状況について確認し、残薬の適切な取扱方法も含めた保管取扱い上の注意等に関し必要な指導を行うとともに、麻薬による鎮痛効果や副作用の有無の確認を行い、処方せん発行医に対して必要な情報提供を行った場合に算定する。

イ 麻薬管理指導加算は在宅患者訪問薬剤管理指導料が算定されていない場合は算定できない。

ウ 麻薬管理指導加算を算定するためには、薬剤服用歴の記録に「区分番号10」の(3)及び「区分番号15」の(17)の記載事項に加えて、少なくとも次の事項について記載されていなければならない。

  • (イ) 訪問に際して実施した麻薬に係る薬学的管理指導の内容(麻薬の保管管理状況、服薬状況、残薬の状況、麻薬注射剤等の併用薬剤、疼痛緩和の状況、麻薬の継続又は増量投与による副作用の有無などの確認等)
  • (ロ) 訪問に際して行った患者・家族への指導の要点(麻薬に係る服薬指導、残薬の適切な取扱方法も含めた保管管理の指導等)
  • (ハ) 処方医に対して提供した訪問結果に関する情報(麻薬の服薬状況、疼痛緩和及び副作用の状況、服薬指導の要点等に関する事項を含む。)の要点
  • (ニ) 患者又は家族から返納された麻薬の廃棄に関する事項(都道府県知事に届け出た麻薬廃棄届の写しを薬剤服用歴の記録に添付することで差し支えない。)

麻薬管理指導加算について(関東信越厚生局集団指導資料より)

患者又はその家族に対して電話等により定期的に(1週間に1回程度)下記の事項を確認し、必要な薬学的指導を行い、薬歴管理指導記録簿に記載すること。

  • 確認事項(麻薬の服薬状況、残薬の状況、保管状況・疼痛緩和状況・副作用状況)
  • 指導事項(残薬の適切な取り扱い方法、保管取り扱いの注意【返納の件を含む】に関しての指導・麻薬投与後に必要な薬学的管理指導)

以下不適切な例

  • 麻薬管理指導加算の算定要件を満たしていない。
    • 定期的に電話等により服薬状況、残薬の確認を行っていない。
    • 「疼痛の緩和状況」の記載がない。
    • 「副作用の有無」の指導と確認の記載がない。
    • 残薬の適切な取り扱い方法(廃棄等)の方法(保険薬局への返納の件を含め指導の記載)を患者に情報提供すること。(薬歴簿に記載がない)

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ