児童福祉法

第四条

この法律で、児童とは、満十八歳に満たない者をいい、児童を左のように分ける。

  • 一  乳児 満一歳に満たない者
  • 二  幼児 満一歳から、小学校就学の始期に達するまでの者
  • 三  少年 小学校就学の始期から、満十八歳に達するまでの者

○2  この法律で、障害児とは、身体に障害のある児童又は知的障害のある児童をいう。

第二十一条の五

都道府県は、厚生労働大臣が定める慢性疾患にかかつていることにより長期にわたり療養を必要とする児童又は児童以外の満二十歳に満たない者(政令で定めるものに限る。)であつて、当該疾患の状態が当該疾患ごとに厚生労働大臣が定める程度であるものの健全な育成を図るため、当該疾患の治療方法に関する研究その他必要な研究に資する医療の給付その他の政令で定める事業を行うことができる。

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ