漢方の考え方

漢方の考え方の特徴は、病名を見ないということで、同じ風邪であっても、汗をかいているのであれば桂皮湯、 汗がなければ葛根湯のように出される薬は異なるものになります。

漢方における診断とは病名ではなく”証”を決定することであり、その診断方法として四診が用いられます。

1) 望診・・・視覚による診察(体格、姿勢、舌)
2) 聞診・・・聴覚、嗅覚による診察(咳、口臭)
3) 問診・・・患者の訴えを聞いて診察(悪寒、熱、汗)
4) 切診・・・「接」と同意語で、触覚による診察(脈診、腹診)

この四診を用いて導き出される結論が証であり、証は八綱(陰陽裏表虚実寒熱)、気血水、六病位で構成されています。 その証と方意(薬方の証、方剤)を結びつけることで治療していきます。

東洋医学では病気の原因は、気、血、水という3つの影響によって引き起こされると考えられています。 気とは精神、神経を意味し、血はその名の通り血液を、水は血液以外の液体(リンパ液など)を意味しています。 例えば、神経性胃潰瘍は気・血・水全てが関わる疾患です。神経が亢進すれば、頭に血が上り、発汗し、胃などの消化器官に血が回らなくなり潰瘍を起こし、血便、吐血が起こります。

八綱は気血水のような病気の原因ではなく、病気そのものの状態を表します。方意と証は対応しているため、このような診断方法を方証相対と言います。 八綱の特定の仕方は以下の通りです。

陰陽に分ける
陽とは熱がある状態(熱性)のこと、陰とは冷たい状態(寒性)のことを言う。よって、陽の状態であれば熱をとってあげれば良く、逆に陰の状態であれば暖めてあげればよい。なお、体温計で計る熱ではなく自分でどう感じるかである。

虚実に分ける
実は気力・体力がある状態のこと、虚は気力・体力がない状態のことを言う。熱があっても体力があれば、陽実証と診断される。陽明病と少陰病を見分けるときに効果的 虚実は1つの病位の中にも存在し、例えば、大柴胡湯は実、小柴胡湯は虚よりである。

裏表に分ける
表とは体の表面で見えるところを言い、裏とは口から肛門までの消化器官を言う。半表半裏はその間の心臓・内臓を言う。寒くて体力はあるが下痢をしている状態(夏など)は陰実裏証(太陰病)と診断される

寒熱に分ける
寒熱は陰陽が決定すれば自動的に決定することが多いため、あまり重要でないように思える。どうも表を寒熱に分けるというような使い方をするみたい。

八綱の内容から六病位に当てはめる
病気の進行:太陽病→少陽病→陽明病→太陰病→少陰病→厥陰病

病位太陽病少陽病陽明病太陰病少陰病厥陰病
陰陽
虚実虚実虚実虚実虚実錯雑
裏表半表半裏
寒熱
悪寒発熱往来寒熱潮熱   
治法発汗和解瀉下温散温散不定
日数初~3日5,6日6,7日   

往来寒熱=寒さと暑さが繰り返す 潮熱=体中にみちわたった熱


コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ