光の種類

光は電磁波と呼ばれ、その名のとおり電場と磁場を持ち、波としての性質と粒子(光子)としての性質をどちらも持つ。

電磁波は波であるため、その波長により、(波長の長い順)ラジオ波-赤外線-可視光線-紫外線-X線-γ線というように区分される。

太陽からの光というのは様々な波長の電磁波で構成されているが、可視光線(波長400nm~800nmの範囲)以外の波長の光は一般に人間の目 では認識できない。

とはいっても私たちは、太陽から届く可視光線を直接見ているのではなく、可視光線が様々な媒体に当たって反射した光を見ている。

光の三原色=RGB=red.green.blueが全て重なり合えば無色となるということと、地上に存在する媒体の多くは特定の波長の光を吸収する 作用を持つということを踏まえれば、無色の電磁波が折り紙にあたり、その折り紙が緑と青の光を吸収すれば、余った赤い光が反射され 目に入り赤色と認識されるということ。

赤い光は波長が長く赤外領域に近く、青い光は波長が短く紫外領域に近い。

前置きが長くなったが、ここでは人が見ることができない紫外線(200nm~400nm)について見ていく。

紫外線は以下の表のような3種に分けることができる。

紫外線 UVA UVB UVC
波長 320~400nm 290~320nm 200~290nm
オゾン層 吸収されない 一部吸収 全て吸収
特徴 メラノサイト刺激+
DNA損傷+
メラノサイト刺激+
VD3合成
DNA損傷+
DNA損傷++

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ