薬学管理料(重複投薬・相互作用等防止加算)

概要(調剤報酬点数表

注4 薬剤服用歴に基づき、重複投薬、相互作用の防止の目的で、処方箋を交付した保険医に対して照会を行った場合は、重複投薬・相互作用等防止加算として、次に掲げる点数をそれぞれ所定点数に加算する。

  • イ 残薬調整に係るもの以外の場合・・・40点
  • ロ 残薬調整に係るものの場合・・・30点

補足(調剤報酬点数表に関する事項

ア 「注4」の重複投薬・相互作用等防止加算は、薬剤服用歴の記録又は患者及びその家族等からの情報等に基づき、次の内容について、処方医に対して連絡・確認を行い、処方の変更が行われた場合に算定する。ただし、複数の項目に該当した場合であっても、重複して算定することはできない。

なお、薬剤服用歴管理指導料を算定していない場合は、当該加算は算定できない。

イ 「イ 残薬調整に係るもの以外の場合」は、次に掲げる内容について、処方医に対して連絡・確認を行い、処方の変更が行われた場合に算定する。

  • ① 併用薬との重複投薬(薬理作用が類似する場合を含む。)
  • ② 併用薬、飲食物等との相互作用
  • ③ そのほか薬学的観点から必要と認める事項

ウ 「ロ 残薬調整に係るものの場合」は、残薬について、処方医に対して連絡・確認を行い、処方の変更が行われた場合に算定する。

エ 重複投薬・相互作用等防止加算の対象となる事項について、処方医に連絡・確認を行った内容の要点、変更内容を薬剤服用歴の記録に記載する。

オ 同時に複数の処方箋を受け付け、複数の処方箋について薬剤を変更した場合であっても、1回に限り算定する。

※H28年度調剤報酬改定による算定対象拡大の例
・過去の副作用やアレルギー歴等による疑義照会
・同一医療機関等からの処方箋に基づく疑義照会
・年齢や腎機能等を考慮した、過量投与による用量の変更
・服薬困難のための剤形変更

連絡事項(支払基金より)

重複投薬・相互防止加算を算定する際、レセプト記載に関する通知では、特に処方変更の内容を記載することまでは求めていません。

ただし、削除した内容についてわかりにくいと判断される場合があるので「摘要」欄にコメントを記載願います。

記載例:
防A:・□□病院(医院)が△△が処方されているので、○○の処方削除
   ・残薬があるので○○の処方削除
   ・残薬があるので○○の処方日数短縮

防B:・□□病院(医院)が△△が処方されているが、○○の処方変更なし

Q&A(埼玉県薬剤師会vol.5)2014.3

Q:特定保険医療材料が家に余っていて、今回の処方が削除になった場合、重複投薬・相互作用防止加算は算定できるか。

A:併用薬との重複投薬及び併用薬、飲食物等との相互作用の防止を目的とするため、医療材料は該当せず加算の算定はできないと考える。

Q&A(H28年調剤報酬改定)

(問16)調剤基本料の「注8」の医師の指示に伴う分割調剤について、例えば2回目の調剤時に、残薬や副作用が確認され、医師に疑義照会して2回目以降の処方内容が変更された場合、重複投薬・相互作用等防止加算又は在宅患者重複投薬・相互作用等防止管理料の算定は可能と理解してよいか。

(答)貴見のとおり。
なお、当該分割調剤時に算定できる点数は、重複投薬・相互作用等防止加算又は在宅患者重複投薬・相互作用等防止管理料を含んだ技術料の合計の2分の1又は3分の1の点数を算定する。

(問30)重複投薬・相互作用等防止加算及び在宅患者重複投薬・相互作用等防止管理料の算定対象の範囲について、「そのほか薬学的観点から必要と認める事項」とあるが、具体的にはどのような内容が含まれるのか。

(答)薬剤師が薬学的観点から必要と認め、処方医に疑義照会した上で処方が変更された場合は算定可能である。具体的には、アレルギー歴や副作用歴などの情報に基づき処方変更となった場合、薬学的観点から薬剤の追加や投与期間の延長が行われた場合は対象となるが、保険薬局に備蓄がないため処方医に疑義照会して他の医薬品に変更した場合などは当てはまらない。

(問31)これまでの「重複投薬・相互作用防止加算」では、同一医療機関の同一診療科の処方箋について処方変更があったとしても算定できないとされていたが、平成28年度診療報酬改定で見直した「重複投薬・相互作用等防止加算」及び「在宅患者重複投薬・相互作用等防止管理料」については、同一医療機関の同一診療科から発行された処方箋であっても、重複投薬、相互作用の防止等の目的で、処方医に対して照会を行い、処方に変更が行われた場合は算定可能と理解してよいか。

(答)「重複投薬・相互作用等防止加算」及び「在宅患者重複投薬・相互作用等防止管理料」は、薬学的観点から必要と認められる事項により処方が変更された場合には算定可能としているので、上記の内容も含め、これまで算定できないとされていた「薬剤の追加、投与期間の延長」等であっても、要件に該当するものについては算定可能である。

Q&A(H24年調剤報酬改定)

(問1) 通常、同一医療機関・同一診療科の処方箋による場合は重複投薬・相互作用防止加算を算定出来ないが、薬剤服用歴管理指導料の新たな要件として追加された「残薬の状況の確認」に伴い、残薬が相当程度認められて処方医への照会により処方変更(投与日数の短縮)が行われた場合に限り、同加算の「処方に変更が行われた場合」を算定できるものと解釈して差し支えないか。

(答) 差し支えない。ただし、残薬の状況確認に伴う処方変更は、頻回に発生するものではないことに留意する必要がある。

Q&A(H16年度診療報酬改定)

Q:異なる医療機関から同時に2枚の処方箋を受付け、一方の疑義照会では処方変更は行われず、他方の疑義照会では処方変更が行われた場合、重複投薬・相互作用防止加算の10点、20点はそれぞれ算定できるか。

A:重複投薬相互作用防止加算が算定できるのは、どちらか一方の処方箋についてのみ算定する。また、2枚の処方箋が共に処方変更された場合は20点のみの算定である。

Q:同じ医療機関の同じ診療科の異なる医師が異なる日に処方箋を発行した場合に、重複投薬あるいは相互作用防止のために医師に確認し、処方の変更があった場合は、算定可能か。

A:同一医療機関の同一診療科の処方箋は算定できない(残薬確認の結果、処方変更が行われた場合を除く)

Q:服用中の他の医療機関の薬剤、服用中のOTC薬、あるいはお薬手帳との重複投薬、相互作用が認められる場合も算定可能か。

A:患者が持参したお薬手帳、院内処方などにより、重複投薬などの可能性が判明した場合は、その医薬品を処方している医療機関等に照会を行い、確認の結果、重複などが認められる場合は、算定可能。

Q:重複投薬あるいは相互作用防止のために医師に確認した結果、処方に変更がない場合とはどういうものか。

A:当該加算は、複数の処方箋がなくとも、薬歴に基づき併用しているOTC薬、飲食物などから重複投薬あるいは相互作用が認められると判断された場合に医師に照会を行うことを評価したものである。医師への照会の結果、患者の疾患の改善が優先され、処方医から併用しているOTC薬、飲食物などを中止するなどの指示があった場合などが考えられる。

Q:過去の副作用歴、アレルギー歴から処方薬剤について処方発行医に照会を行った結果、処方変更が行われても算定できないのか。

A:重複投薬又は相互作用防止の理由ではないので算定できない。

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



記事No578 題名:Re:重複投与防止について 投稿者:管理人tera 投稿日:2017-12-04 19:33:08

はじめまして。
レセプトすでに送付済みであれば、これを取り消すにはレセプト取消依頼書を提出しなければなりません。処方せんは発行されていても患者が処方せんを薬局へ持ち込まなかったことすればいいので、取り下げは薬局だけで可能ですが、その場合、全ての処方薬を回収しないとなのですでに服用してしまった薬は薬局負担となります、というかまぁ違法ですねそもそも。
月が変わっていなければ同じく違法的に処方せんを打ち直して処方日数を変更するなんてこともできたりはしますが、それも違法なんですよね。。。
合法的に解決するためには、今回分の処方はそのまま活かし、次回に残薬調整をするしかないですね。
この加算は薬剤服用歴の加算なので、薬剤服用歴管理指導料を算定していなければ算定できませんので。


記事No577 題名:重複投与防止について 投稿者:薬剤師 投稿日:2017-12-03 10:24:55

よろしくお願いします。

患者さんの病状が変わらないので、紹介で他の医療機関を受診。処方された薬は1種類を除き同じ薬で、半分くらいの薬は中止されました。

1週間前に前の医療機関で30日分処方されたいるので残薬があり、今回の処方元医師に問い合わせしましたところ、自分の出した薬をこれから飲めばいいので、前の処方を取り消すように言われました。

1週間前にでてしまった処方箋を取り消すことはできるのでしょうか?月も変わっています。

薬局としては大量の薬を発注してお渡ししているので、取り消になれば大損害です。患者さんはまた元の病院に行くかもしれないので、取り消さないでいいと言われました。

よろしくお願いします。


記事No515 題名:Re:薬剤師P様 投稿者:管理人tera 投稿日:2017-08-08 19:29:45

加算は取れないかと思います。

通常処方箋1枚を院外処方として受け付けた場合、薬剤服用歴の記録又は患者及びその家族等からの情報等に基づき・・・なので、単に変更前の薬剤の消し忘れですと不可かと思います。間違ってカルボシステイン500mgを1日30錠とかで打ってきた場合も算定は不可かとおもいます。

処方箋を複数受け付けてそのなかでのカルボシステインの重複であれば算定可能です。

同一医療機関でなければ割と何でもとれますが、同一医療機関の場合は何でもというわけにはいかないかと。昔は残薬だけならと分かりやすかったんですけど、今はわかりにくいですよね・・・

よろしくお願いいたします。


記事No514 題名:加算できるかどうか 投稿者:薬剤師P 投稿日:2017-08-08 17:54:12

いつも拝見させていただいております。重複投薬・相互作用等防止加算になり疑問がございます。現在、カルボシステイン250mgを1日4錠で服用していて、新たに処方された1日カルボシステイン500mg3錠の処方に対して疑義照会したとします。服用中のものは中止して今回の500mg3錠を服用するようになったとき、加算はとれないのでしょうか。


記事No489 題名:Re:薬剤師様 投稿者:管理人tera 投稿日:2017-06-20 10:39:57

このケースは、受け付けた処方箋の処方内容が変更されていないため、最低不可と思われます。


ページトップへ