薬学管理料(外来服薬支援料)

概要(調剤報酬点数表

  • 外来服薬支援料・・・185点

注1 自己による服薬管理が困難な外来の患者又はその家族等の求めに応じ、患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じて、当該患者が服薬中の薬剤について、当該薬剤を処方した保険医に当該薬剤の治療上の必要性及び服薬管理に係る支援の必要性を確認した上で、患者の服薬管理を支援した場合に月1回に限り算定する。

注2 患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じて、患者又はその家族等が保険薬局に持参した服用薬の整理等の服薬管理を行い、その結果を保険医療機関に情報提供した場合についても、所定点数を算定できる。

注3 在宅患者訪問薬剤管理指導料を算定している患者については、算定しない。

補足(調剤報酬点数表に関する事項

(1) 外来服薬支援料は、保険薬局の保険薬剤師が、自己による服薬管理が困難な外来の患者又は若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じ、当該患者又はその家族等が持参した服薬中の薬剤について、治療上の必要性及び服薬管理に係る支援の必要性を判断し、当該薬剤を処方した保険医の処方医にその必要性につき了解を得た上で、一包化や服薬カレンダーの活用等により薬剤を整理し、日々の服薬管理が容易になるよう支援した場合に、「注1」及び「注2」合わせて服薬支援1回につき、月1回に限り算定する。また、患者の来局時のほか、患者の求めに応じて保険薬剤師が患者を訪問して服用薬の整理等を行った場合でも算定できる。この場合、訪問に要した交通費(実費)は患家の負担とする。服薬支援1回につき算定する。

なお、服薬管理を容易にするような整理を行わずに単に服薬指導を行っただけでは算定できない

(2) 「注1」については、外来服薬支援を行うに当たり外来服薬支援を行うに当たっては、患者が、当該保険薬局で調剤した薬剤以外に他の保険薬局で調剤された薬剤や保険医療機関で院内投薬された薬剤を服用していないか確認し、極力これらの薬剤も含めて整理するよう努めること。また、実際にこれらの薬剤も含めて服薬支援を行う場合には、重複投薬、相互作用等の有無を確認し、処方医に必要な照会を行い、適切な措置を講じること。

なお、患者に対する服薬中の薬剤の確認や処方医への照会等を行った上で、結果として、他の保険薬局で調剤された薬剤又は保険医療機関で院内投薬された薬剤のみについて服薬支援を行うこととなった場合(当該保険薬局で調剤を受けていない患者が持参した、他の保険薬局で調剤された薬剤や保険医療機関で院内投薬された薬剤について服薬支援を行う場合を含む。)でも算定できる。

(3) 「注2」については、患者が保険薬局に持参した服用中の薬剤等の服薬管理を行い、その結果を関係する保険医療機関へ情報提供した場合に算定できる。算定に当たっては、あらかじめ、患者又はその家族等に対して、保険薬局へ服用中の薬剤等を持参する動機付けのために薬剤等を入れる袋等を提供し、患者等が薬剤等を持参することで服薬管理を行う取組(いわゆるブラウンバッグ運動)を周知しておく。

※ブラウンバッグ等を提供していない患者の持参薬を服用薬の整理等服薬管理を行った場合の算定は不可。また、ブラウンバッグは無料で提供する。

(4) 外来服薬支援は、処方箋によらず、調剤済みの薬剤について服薬管理の支援を目的として行うものであるため、薬剤の一包化を行った場合でも、調剤技術料は算定できない。

(5) 薬剤の一包化による服薬支援は、多種類の薬剤が投与されている患者においてしばしばみられる薬剤の飲み忘れ、飲み誤りを防止すること又は心身の特性により錠剤等を直接の被包から取り出して服用することが困難な患者に配慮することを目的とし、治療上の必要性が認められる場合に行うものである点に留意する。

(6) 外来服薬支援料を算定する場合は、服薬支援に係る薬剤の処方医の了解を得た旨又は情報提供した内容並びに当該薬剤の名称、服薬支援の内容及び理由を薬剤服用歴の記録に記載する。

(7) 外来服薬支援料は、「区分番号15」の在宅患者訪問薬剤管理指導料を算定している患者については算定できない。また、現に他の保険医療機関又は保険薬局の薬剤師が訪問薬剤管理指導を行っている患者についても算定できない。

レセプト摘要欄(調剤報酬請求書及び調剤報酬明細書に関する事項

「平成年月分」欄について調剤年月又は外来服薬支援料若しくは退院時共同指導料を算定した年月(以下「調剤年月等」という。)を記載すること。したがって、調剤年月等の異なる調剤報酬明細書(以下「明細書」という。)がある場合には、それぞれの調剤年月分等について調剤報酬請求書を作成すること。なお、調剤年月等の異なる明細書であっても、返戻分の再請求等やむを得ぬ事由による請求遅れ分については、この限りではないこと。

長期投薬又は若しくは後発医薬品に係る分割調剤の調剤基本料を算定する場合、医師の指示による分割調剤に係る自局での初回以外の調剤を行う場合又は服薬情報等提供料、在宅患者訪問薬剤管理指導料、在宅患者緊急訪問薬剤管理指導料、在宅患者緊急時等共同指導料、外来服薬支援料又は若しくは退院時共同指導料のみの算定を行っている場合は、「件数」としては1件、「受付回数」としては0件として計上すること。

「保険医療機関の所在地及び名称」欄、「都道府県番号」欄、「点数表番号」欄及び「医療機関コード」欄について外来服薬支援料及び退院時共同指導料に係る明細書については記載しないこと。なお、電子計算機の場合は、例外的に所在地及び名称をカタカナで記載しても差し支えないこと。

「保険医氏名」欄について外来服薬支援料及び退院時共同指導料に係る明細書については記載しないこと。

「受付回数」欄について長期投薬又は後発医薬品に係る分割調剤に係る調剤基本料を算定する調剤、医師の指示による分割調剤に係る自局での初回以外の調剤並びに服薬情報等提供、在宅患者訪問薬剤管理指導、在宅患者緊急訪問薬剤管理指導、在宅患者緊急時等共同指導、外来服薬支援及び退院時共同指導は、受付回数としては計上しないこと。

「摘要」欄について外来服薬支援料を算定する場合は、服薬管理を支援した日、服薬支援に係る薬剤の処方医の氏名及び保険医療機関の名称を記載すること。

「薬学管理料」欄について外来服薬支援料を算定した場合は、支の記号を付してその回数を記載すること。

補足(その他)

外来服薬支援料の調剤報酬明細書(レセプト)は、処方箋に基づく調剤分とは別に、それ単独のレセプトとして作成する。

外来服薬支援料を算定する場合、処方箋の受付回数は生じない。従って、外来服薬支援料とあわせて、調剤基本料、基準調剤加算、後発医薬品調剤体制加算等の点数を算定することはできない。

服薬途中で処方医から中止の指示があったため、一包化した調剤済みの薬剤から当該薬剤を取り除いた場合は、外来服薬支援料は算定できない。(H28年保険調剤QA Q139)

外来服薬支援料を算定した時にレセプトに記載する項目は以下(H26年保険調剤Q&A問136)

  • 外来服薬支援を行った日付
  • 外来服薬支援に係る薬剤の処方元医師の氏名と医療機関の名称
  • 具体的な理由(行為等)

外来服薬支援料と居宅療養管理指導の同月算定は不可(医療保険と介護保険の給付調整に関する留意事項及び医療保険と介護保険の相互に関連する事項等について)。

注1規程→医師に確認後服薬管理、注2規程→服薬管理後に医師に情報提供(ブラウンバッグ提供)

Q&A(群馬県 社会保険委員会Q&Aより)

Q:「外来服薬支援料」の算定に関して、一包化指示のある処方箋とともに、他の薬局(又は医療機関)で調剤された薬剤も併せて薬局に持参した場合、持参したものも含めて一包化し「外来服薬支援料」を算定した場合、レセプト請求はどのようにすれば良いか。

A:調剤に係る「薬剤服用歴管理指導料」等及びそれぞれの算定要件を満たしている場合には、併算定可能である。ただし、「外来服薬支援料」を算定する場合には、処方箋に基づく調剤に係る「調剤料」については、「一包化加算」を算定せず、内服薬の「調剤料」のみを算定すること。
レセプトには、服薬管理を支援した日、服薬支援に係る薬剤の処方医の氏名及び保険医療機関の名称を記載する必要がある。なお、レセプトの摘要欄に具体的な理由(行為等)を記載する必要がある。

Q:「外来服薬支援料」について、本日、薬局で精神科の処方箋を受け付けた。ところが、この患者は2日前に、本日の処方箋を発行した病院の精神科、循環器科の2科からの院外処方箋が発行されており、他の薬局で全体を一包化調剤された医薬品を交付されていた。今回この一包化された調剤薬も持参してきた。患者の説明では2日前の精神科から薬が変更になり、本日の処方内容に変更されたとのこと。患者は高齢者で当薬局にて、他の薬局で一包化した調剤薬(精神科、循環器科)を開封して、精神科の医薬品を取り除き、本日新たに変更処方された精神科からの処方薬と元々の循環器科の処方薬による再一包化を希望している。処方医にも確認したところ、患者の説明のとおりであった。この場合、「外来服薬支援料」が算定できるか。

A:この場合、「外来服薬支援料」が算定できる。

Q&A(埼玉県薬剤師会vol.5)

Q:患者が他局で調剤された薬のみを持参し、一包にまとめて欲しいとの依頼があった際に、医師の同意の上で一包化等の支援をした場合も外来服薬支援寮算定可能か。

A:算定できる。

Q&A(H24年調剤報酬改定)

(問1) 同一又は異なる保険医療機関の複数診療科から処方日数の異なる処方箋を保険薬局が受け付けた場合、薬剤等を整理し、日々の服薬管理が容易になるように支援すれば、その都度、外来服薬支援料を算定できるのか。

(答) 算定できない。外来服薬支援料は、患者または家族が持参した「服薬中の薬剤」に関する服薬支援を評価しているものである。

Q&A(H20年度診療報酬改定)

Q:院内投薬された薬剤を持参した患者に対して、服薬支援の必要性を処方医に確認の上、一包化等を行い、外来服薬支援料を算定した場合において、その後も引き続き一包化が行われずに院内投薬が行われたため、繰り返し当該薬局で外来服薬支援を実施したような場合、毎回、外来服薬支援料を算定してよいか。

A:質問の例においては、本来、服薬支援の必要性を認識している処方医が自院で薬剤の一包化をするか、又は、処方箋により薬局での一包化を指示すべきであると考えられるため、繰り返し外来服薬支援料を算定することはできない。

Q:外来服薬支援料については、どの時点で算定するのか。

A:実施した時点で、その都度、算定する。

Q:外来服薬支援料に係る服薬支援は、当該薬局で調剤した薬剤のみ対象になるのか。

A:当該薬局で調剤した薬剤のほか、他の薬局で調剤された薬剤や医療機関から直接投与された薬剤(院内投薬)についても対象となる。
ただし、実施にあたっては、他の薬局で調剤された薬剤や院内投薬された薬剤まで含めて整理するよう務めることが求められている。

Q:外来服薬支援料の算定にあたっては、たとえば、同一月内における算定上限などの制限は設けられているのか。

A:算定上限は設けられていない。また、処方箋に基づく調剤を行う際に、併せて他の薬局で調剤された薬剤等を一包化するなどして外来服薬支援料を算定する場合は、処方箋に基づく調剤については一包化加算を算定しない。

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



記事No709 題名:外来服薬支援 投稿者:事務 投稿日:2018-07-29 08:47:59

ご回答ありがとうございます。自費で徴収はグレーで各自の判断という事ですね。実際のところ院内処方実施で医師に一包化してほしいと言いづらいご家族さんらしく。今後も続きそうな気もします。金額的には安くはないので、どうなるかはわかりませんが。
ありがとうございました。


記事No708 題名:Re:事務様 投稿者:管理人tera 投稿日:2018-07-28 21:39:44

自費については、
「保険外併用療養費に係る厚生労働大臣が定める医薬品等」の実施上の留意事項について」
にあるように、自費を徴収できるサービスというものがある程度決まっています。
とはいえ、算定条件を満たしていなくても、適切な掲示と患者の了解が得られているのであれば、グレーとして徴収してしまっているケースもあります。ここについては各自の判断委ねます。
外来服薬支援が何度も取れない理由としては、次回から一包化加算を算定できるような工夫を本来するべきというところから来ているのだと思います。
すなわち、院内処方の薬のみを一包化したのであれば、院内処方の段階で一包化して渡してもらえるようにし、院内処方の薬と院外処方の薬をまとめて一包化するのであれば、院外処方のほうに一包化加算をつけて出し、院外処方の方のみでは一包化の要件を満たさないのであれば、これはやむを得ないケースなので、毎回の外来服薬支援料の算定しか無いとは思います。


記事No706 題名:外来服薬支援 投稿者:事務 投稿日:2018-07-28 17:02:08

教えてください
院内処方の薬持参で一包化、外来服薬支援算定しました。繰り返し算定する事は出来ない。との事ですがその場合は自費扱いで徴収するのは可能と考えてよろしいのでしょうか。


記事No687 題名:外来服薬支援料について 投稿者:新人 投稿日:2018-07-05 07:30:01

回答ありがとうございます。
これからの勉強の参考にさせていただきます。


記事No686 題名:Re:新人様 投稿者:管理人tera 投稿日:2018-07-04 22:23:04

この点数は服薬中の薬剤が対象であり、処方箋を受け付けた時には算定できず、患者が家に帰ってからまた後日薬局に服薬中の薬剤を持参してからDrの了解を得て一包化したときに初めて算定が可能です。

公文上にはないですが、以前確認したことがあって、同じ内容で毎月この点数を算定することが好ましくないと回答を得たことがあります。

初回のみ当点数を算定し、次回以降は一包化加算で対応するしかありません。
ところが、1種類では一包化加算の算定要件を満たさず、サービスということになってしまいます。
実費を徴収できるサービス(「保険外併用療養費に係る厚生労働大臣が定める医薬品等」の実施上の留意事項について」より、治療上必要のない一包化について実費を徴収できるとありますが、この場合の一包化の定義も同様の3種類条件を引き継ぐようなので、自費を徴収することも基本的には不可と考えます。
ところが、患者希望に基づく1,2種類(算定要件を満たさない)自費の一包化は実際は行われていると聞いたこともあるので、そこは会社と相談ということになりますね。

先輩が算定しない一つの理由には、外来服薬支援料の事務作業がめんどくさいというのもあるかもしれませんね。


ページトップへ