加算料(休日)

概要(調剤報酬点数表

保険薬局が休日(深夜を除く。)において調剤を行った場合は、所定点数の100分の140に相当する点数を加算する。

ただし、専ら夜間における救急医療の確保のために設けられている保険薬局において別に厚生労働大臣が定める時間において調剤を行った場合は、所定点数の100分の100に相当する点数を加算する。

補足(調剤報酬点数表に関する事項

ア 時間外加算は調剤基本料を含めた調剤技術料の100分の100、休日加算は100分の140、深夜加算は100分の200であり、これらの加算は重複して算定できない。

イ 時間外加算等を算定する場合の基礎額(調剤基本料+調剤料)には、基準調剤加算、後発医薬品調剤体制加算、無菌製剤処理加算及び在宅患者調剤加算は含まれ、麻薬・向精神薬・覚醒剤原料・毒薬加算、自家製剤加算及び計量混合調剤加算は含まれない。

ウ 時間外加算等を算定する保険薬局は開局時間を当該保険薬局の内側及び外側のわかりやすい場所に表示する。

エ 時間外加算

オ 休日加算

  • (イ) 休日加算の対象となる休日とは、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日をいう。なお、1月2日、3日、12月29日、30日及び31日は休日として取り扱う。
  • (ロ) 休日加算は次の患者について算定できるものとする。なお、①以外の理由により常態として又は臨時に当該休日に開局している保険薬局の開局時間内に調剤を受けた患者については算定できない。
    • ① 地域医療の確保の観点から、救急医療対策の一環として設けられている施設、又は輪番制による休日当番保険薬局等、客観的に休日における救急医療の確保のために調剤を行っていると認められる保険薬局で調剤を受けた患者
    • ② 当該休日を開局しないこととしている保険薬局で、又は当該休日に調剤を行っている保険薬局の開局時間以外の時間(深夜を除く。)に、急病等やむを得ない理由により調剤を受けた患者

カ 深夜加算

特掲診療料の施設基準等の一部を改正する件

薬剤調製料の注4に規定する厚生労働大臣が定める時間

当該地域において一般の保険薬局がおおむね調剤応需の態勢を解除した後、翌日に調剤応需の態勢を再開するまでの時間(深夜(午後十時から午前六時までの時間をいう。)を除く。)

レセプト摘要欄(調剤報酬請求書及び調剤報酬明細書に関する事項

処方箋を受け付けた年月日及び時刻を記載すること

補足(その他)

  • 常態/臨時開局している場合、深夜加算、休日加算は地域の広報・新聞等に薬局が日曜当番として開局することを公表していないのであれば、いずれも原則として算定できない
  • 常態/臨時として開局しておらず、急病等やむを得ない理由により調剤を行った場合は、深夜加算、休日加算、時間外加算をこの順番を優先順位として算定できる
  • 時間外加算は閉局した後でなければ、原則算定できない。開局時間延長の場合の19時以降は夜間・休日等加算を算定する
  • 常態として開局していても、専ら夜間における救急医療の確保のため設けられている保険薬局であれば時間外加算を算定できる

つまり、深夜加算、休日加算は急病単発調剤でなければ、当番として公表していない限り算定できず、時間外加算は公表していなくても閉局後で対応する時間帯に調剤を行うのであれば算定可能ということ。

Q&A(群馬県 社会保険委員会Q&Aより)

Q:「休日加算」、「夜間・休日等加算」について、群馬県では門前の医療機関が日曜当番医の日曜日に、門前薬局がそれに合わせて開局する場合、それぞれ算定できるか?

A:現在、群馬県ではこのような場合、地域の広報・新聞等に薬局が日曜当番として開局することを公表していないのであれば、いずれも原則として算定できないと思われます。

Q:病院の門前に複数の薬局がある。その病院が日曜当番になった時に、門前の薬局もそれにあわせて、一薬局ずつ開局し、保険調剤を行う場合、「休日加算」の算定は認められるか。なお、地域の広報等に当番医(医療機関)は掲載されているが、薬局は掲載されていない。

A:「休日加算」の算定は認められない。「夜間・休日等加算」は算定できると思われる。

Q:群馬県薬剤師会では、医療機関に合わせて門前の薬局を開局する場合、保険調剤では年末年始の「休日加算」は算定できないとのことだが、「夜間・休日等加算」について、算定できるか?もちろん、市町村の広報等で公表されている。

A:「夜間・休日等加算」は算定できる。なお、この場合は「休日加算」が算定できると思われる。

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。

(件名or本文内でキーワード検索できます)



記事No963 題名:Re:よし様 投稿者:管理人tera 投稿日:2019-05-30 00:30:27

はじめまして。
それとも、この質問は門前薬局が沢山ある場合で、薬局名が地域広報誌に乗っていないため「輪番制による休日当番の保険薬局」に該当しないという解釈でよろしいかと思います。


記事No959 題名:休日当番の定義 投稿者:よし 投稿日:2019-05-26 11:02:29

いつもサイトを参考にさせて頂き大変助かっております。

平成30年度 保険調剤Q&A(添付ファイル)で隣の医療機関の休日当番に合わせて開局しても算定要件を充たさないと記載があります。

この場合は休日当番と記載していますが、病院都合の日曜臨時診療の為、算定できないという事でしょうか? 

それとも、この質問は門前薬局が沢山ある場合で、薬局名が地域広報誌に乗っていないため「輪番制による休日当番の保険薬局」に該当しないという解釈でしょうか?

数ヶ月に一度日曜日に順番で回ってくる開業医の「休日当番」に合わせて薬局も開局(薬局名も地域広報誌に記載あり)した場合は休日加算が算定できると思っていた為、上記のQ&Aで休日加算が分からなくなりました。

よろしくお願い致します。


記事No946 題名:Re:さえぐさ様 投稿者:管理人tera 投稿日:2019-04-26 17:06:45

GW期間中は休日扱いなので常態として、開局しているのであれば夜間休日加算を終日算定するということで問題ないと思います。
休日加算は公表していないのであれば算定できません。


記事No945 題名:2019ゴールデンウィーク 投稿者:さえぐさ 投稿日:2019-04-25 15:07:57

度々申し訳ございませんm(_ _)m
心配になったので、もう一度確認させて頂いても宜しいでしょうか。

以前の質問で、加算算定可ということだったのですが、救急ではなく一般の調剤応需体制なので、加算取れないのでは?と思い始めました。

休日当番の日は、夜間休日等加算を取れると思うのですが(公表していない薬局)

★休日当番ではない日に...
休日加算を算定できるのか?
夜間休日等加算を算定できるのか?
どちらも取れないのか?

頭がこんがらがってしまいました(^-^;

宜しくお願い致します。


記事No930 題名:Re:さえぐさ様 投稿者:管理人tera 投稿日:2019-03-29 23:08:50

祝日法により休日扱いとなっているため、そのとおりです。(根拠は以下)

http://u0u1.net/vN4u


ページトップへ