不整脈の薬

不整脈について

不整脈の病態については別ページ参照。

Naチャネル抑制薬

Ⅰ群は、活動電位の最大立ち上がり速度を低下させる薬物で、Na+チャネルの抑制を介して、活動電位の最大立ち上がり速度を低下させて興奮の伝導を遅延させる。

心筋細胞膜のNaチャネルに結合し、Naイオンの流入を抑制することで脱分極速度を低下させ、抗不整脈効果を示す。

心室性不整脈に対して高い有効性を示す。

  • Ia群
    • リスモダン(ジソピラミド)
    • シベノール(シベンゾリン)
  • Ib群
    • メキシチール(メキシレチン)
  • Ic群
    • サンリズム(ピルジカイニド))

β遮断薬

Ⅱ群はβ1受容体の遮断を介して、交感神経の興奮により誘発される上室性不整脈に効率的に奏功する。

心臓のβ受容体を遮断し、心拍数の減少、興奮伝導を抑制することで抗不整脈効果を示す。

β受容体は洞結節や房室結節に多く存在するため、上室性不整脈に有効

狭心症や高血圧が合併した場合の治療に適する。

  • Ⅱ群
    • インデラル(プロプラノロール)

Kチャネル遮断薬

Ⅲ群はK+チャネルの抑制を介して、真菌の活動電位持続時間ならびに有効不応期を延長させる。

非常に強力な抗不整脈作用を示すが、重篤な副作用の発生頻度が高いため、いずれも他の薬物が無効の難治性不整脈にのみ使用される。

QT延長に注意する。

  • Ⅲ群
    • アンカロン(アミオダロン)

Caチャネル遮断薬

Ⅳ群は電位依存性L型Caチャネルの抑制を介して正所性ならびに異所性(洞房結節以外)の活動電位の発生に関与する緩徐脱分極を抑制する。

また、房室結節に作用して、房室伝導を延長させる。

洞結節や房室結節の活動電位はCaイオン流入で生じるので、上室性不整脈に有効である。

  • Ⅲ群
    • ワソラン(ベラパミル)

その他

強心配糖体は、副交感神経を興奮させて徐脈作用を示すため、上室性不整脈に用いられる。また、Na-K-ATPase阻害作用とは別に、迷走神経を刺激することによって、房室結節の不応期を延長し、抗不整脈効果も示す。

アデノシンもA1受容体を介してK+チャネルの活性化と房室伝導の抑制をもたらし、上室性頻脈に著効を示す。

  • ジゴシン(ジギタリス)
  • アデホス(ATP:アデノシン三リン酸)

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ