心不全の薬

心不全について

心不全の病態については別ページ参照。

ジギタリス製剤

Na-K-ATPaseを阻害することでNa-K交換機構を阻害し、相対的にNa-Ca交換機構が活発になり、心筋細胞内へCaの流入が起こって心筋が収縮する。グレープフルーツの摂取で血中濃度↑。吸収が遅いので消化管運動↑にて吸収率↓。セントジョーンズにて血中濃度↓。

  • ジゴキシンKY、ハーフジゴキシンKY(ジゴキシン) ACE阻害薬と利尿薬で効果のない患者に用いる。陽性変力、陰性変伝導(上室性頻脈性不整脈を合併している場合は有用)
  • ジギトキシン(ジギトキシン)・・・ジゴキシンに同じ
  • ラニラピッド(メチルジゴキシン)・・・吸収は速やかでジゴキシンの約2倍薬

ACE阻害薬

動脈を拡張し、後負荷を改善する。アルドステロン抑制により前負荷も改善する。心筋肥大改善作用もあり、致命率を高める。

  • タナトリル(イミダプリル)
  • レニベース(エナラプリル)
  • アデカット(デラプリル)
  • インヒベース(シラザプリル)
  • コナン(キナプリル)
  • エースコール(テモカプリル)
  • コバシル(ペリンドプリル)

αβ遮断薬

非選択的β遮断作用に加えて、α1遮断作用による血管拡張作用も有する。

  • アーチスト(カルベジロール)

利尿薬

利尿薬(サイアザイド利尿薬)

腎尿細管再吸収など、利尿作用が弱く、主に降圧剤として使用される。心不全の治療薬としては普通使われることはない。
遠位尿細管のNaポンプ(Na-Cl共輸送系)を阻害
→Na, H2O再吸収抑制
→相対的にNa-K交換機構活性化

  • フルイトラン(トリクロルメチアジド)
  • ダイクロトライド(ヒドロクロロチアジド)

利尿薬(ループ利尿薬)

降圧作用は弱いが腎機能を悪化させにくい。
ヘンレ上行脚でNa、Cl受動的再吸収抑制
→尿の濃縮・希釈機構の抑制
→相対的にNa-K交換機構活性化

  • ラシックス(フロセミド)
  • ルプラック(トラセミド)
  • ダイアート(アゾセミド)

利尿薬(K保持性利尿薬)

利尿作用も降圧作用も弱い。
遠位尿細管~集合管のアルドステロン受容体に拮抗
→Naチャネル遮断
→遠位尿細管のNa-K交換機構不活性化
→Na、H2O再吸収抑制

  • アルダクトンA(スピロノラクトン)
  • トリテレン、ジウテレン(トリアムテレン)

β1作動薬

ジギタリス+利尿薬+ACE阻害薬で効果がない場合に適応

  • プロタノールS(イソプレナリン)
  • カルグート(デノパミン)

カテコラミン製剤

急性心不全で心収縮力増強に用いる。

  • イノバン等(塩酸ドパミン)・・・注射剤。β刺激
  • ドブトレックス(塩酸ドブタミン) ・・・注射剤。β1刺激

その他

  • ノイキノン(ユビデカレノン)・・・酸素利用率改善薬、CoQ、軽度および中等度のうっ血性心不全に使用される。 胆汁酸塩で乳化されて吸収されるので食後に服用する。
  • アカルディ(ピモベンダン)・・・心不全の急性と慢性の両方の効果。心筋の収縮調節蛋白のCa2+感受性増強作用
  • アーキンZ(ベスナリノン)・・・慢性心不全で他剤で効果が出ない場合に使用する。心拍数を増大することなく、心筋収縮力を比較的選択的に増大する。

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ