分割調剤(後発医薬品)

概要(調剤報酬点数表

後発医薬品に係る処方せん受付において、当該処方せんの発行を受けた患者が初めて当該後発医薬品を服用することとなること等の理由により分割して調剤を行った場合、当該処方せんに基づく当該保険薬局における2回目の調剤に限り、5点を算定する。

なお、当該調剤においては、薬学管理料(薬剤服用歴管理指導料を除く。)は算定しない

補足(調剤報酬点数表に関する事項

保険薬剤師は、投与日数が長期間にわたる処方せんによって調剤を行う場合であって、処方薬の長期保存の困難その他の理由によって分割して調剤する必要がある場合には、分割調剤を行うこと。

また、分割調剤を行う場合(上記の場合のほか、後発医薬品(ジェネリック医薬品)への変更が不可の場合の署名欄に処方医の署名又は記名・押印がない、又は署名欄に処方医の署名又は記名・押印があるものの「変更不可」欄に「レ点」又は「×」が記載されていない先発医薬品がある処方せん(以下「後発医薬品への変更が可能な処方せん」という。)を提出した患者の同意に基づき、処方せんに記載された先発医薬品を初めて後発医薬品に変更して調剤を行う場合であって、当該患者の希望により、分割調剤を行う場合を含む。)は、その総量は、当然処方せんに記載された用量を超えてはならず、また、第2回以後の調剤においては使用期間の日数(ただし、処方せん交付の日を含めて4日を超える場合は4日とする。)と用量(日分)に示された日数との和から第1回調剤日から起算して当該調剤日までの日数を差し引いた日分を超えては交付できない。

例えば、4月3日交付、使用期間4日間、用量10日分の処方せんで4月4日に5日分の調剤を受け、次に10日に調剤を受けに来た場合は(10+4)-7=7であるから、残りの5日分を全部交付して差し支えないが、もし第2回の調剤を4月13日に受けに来た場合、(10+4)-10=4となるので4日分しか交付できない。

保険薬局において分割調剤を行い、当該薬局において調剤済みとならない場合は、処方せんに薬剤師法第26条に規定する事項及び分割理由等の必要な事項を記入し、調剤録を作成した後、処方せんを患者に返却すること。

分割調剤を行う場合は、調剤基本料は初回のみ算定し、2回目以降については所定点数を算定するが、異なる保険薬局で分割調剤を行う場合は、各保険薬局においてそれぞれ調剤基本料を算定できる。

後発医薬品への変更が可能な処方せんを提出した患者の同意に基づき、処方せんに記載された先発医薬品を初めて後発医薬品に変更して調剤を行う場合であって、当該患者の希望により分割調剤を行った場合で、同一の保険薬局において1処方せんの2回目の調剤を行った場合に限り算定する。この場合において、2回目の調剤を行う際には、先発医薬品から後発医薬品への変更による患者の体調の変化、副作用が疑われる症状の有無等を確認するとともに、患者の意向を踏まえ、後発医薬品又は変更前の先発医薬品の調剤を行うこととする。なお、その際に、所定の要件を満たせば、薬剤服用歴管理指導料を算定できる。

後発医薬品分割調剤を行った場合は、処方せんを発行した医療機関等にその旨を連絡するとともに、分割理由等の必要な事項を調剤録に記入すること。また、2回目の調剤の際に、患者の意向により変更前の先発医薬品の調剤を行った場合も、処方せんを発行した医療機関等にその旨を連絡するとともに、先発医薬品に再変更した理由等の必要な事項を調剤録に記入すること。

1処方せんについて、長期投薬分割調剤の2回目以降の調剤と後発医薬品分割調剤の2回目の調剤を同一の保険薬局において同一日に行う場合にあっては、いずれか一方の分割調剤に係る点数のみを算定する。

1処方せんについて、長期投薬分割調剤の2回目以降の調剤、後発医薬品分割調剤の2回目の調剤又は医師の指示による分割調剤の2回目以降の調剤のうち、複数の分割調剤を同一の保険薬局において同一日に行う場合にあっては、「注8」の分割調剤に係る点数により算定する。

Q&A(群馬県 社会保険委員会Q&Aより)

Q:後発医薬品の分割調剤に関して、薬局で外用薬のみが処方されている保険処方箋、例えばヒルドイドソフト軟膏 200g 1日3~4回とあり処方期間は不明である。これを分割調剤での一回目として25gを調剤したとする。患者が2回目以降薬局に来るまでの間隔が10日後の場合、どのように考えればよいか。

A:外用薬は処方日数が明記されていないので、薬剤師として患者個々の状態等を総合的に考慮して、判断すれば良いと思われる。

Q:後発医薬品の分割調剤について、28日分の内服薬が数種類記載されている処方せんを受け付けた。そのうちの一部の内服薬のみを14日分だけ後発医薬品の分割調剤し、その他は28日分調剤することは認められるか?

A:この場合は部分調剤となるので認められない。。

Q&A(H20年度診療報酬改定)

Q:後発医薬品の分割調剤は、内用薬だけでなく、外用薬なども対象となるか。

A:医薬品の長期保存の困難性などの理由から分割調剤する場合と同様に、対象となる。

Q:分割調剤にあたり、医薬品の長期保存の困難性などの理由によるケースと後発医薬品の試用を目的とするケースが混在する場合には、どちらの分割調剤を行ったものとして算定しなければならないのか。

A:いずれか一方の点数しか算定できないが、どちらの分割調剤として算定しても差し支えない。ただし、長期保存の困難性などの理由で分割調剤を行った場合には、2回目の調剤時において薬剤服用歴管理指導料等を算定することは出来ない。

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



記事No428 題名:Re:薬剤師様 投稿者:管理人tera 投稿日:2017-03-12 20:07:11

当QAは薬剤師会への寄せられた質問を、薬剤師会が返答するものであり、地域差があります。
つまり、群馬はダメだけど、埼玉はOkのようなものです。
もちろん、保険調剤Q&Aや疑義解釈とは全く関係ありません。
記載したのが3,4年前で、法改正後に変更になっているものも多々あるかと思いますゆえ、あくまで参考程度と考えていただくのが宜しいかと思います。


記事No427 題名:群馬県社会保険委員会Q&Aに関して 投稿者:薬剤師 投稿日:2017-03-10 20:21:06

お世話になっております。
分割調剤における群馬県社会保険委員会Q&Aに関して、ご質問がございます。

「一部のみの後発お試し分割調剤は認められない」とありますが、平成28年度の疑義解釈・保険調剤Q&Aにはそのような記載がありません。
平成28年度調剤報酬改定時の資料なのでしょうか?
一部のみの後発お試し分割調剤を認めないとなると、
基本的にほとんど全ての処方箋は分割調剤できなくなるのではないでしょうか?

お忙しい所、申し訳ありませんが、ご対応お願い致します。


  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ