甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病)の薬一覧

分類 成分名 商品名 規格・剤形・補足
抗甲状腺薬 チアマゾール メルカゾール 錠2.5mg/5mg、注、投与2か月以内の無顆粒球症に注
プロピルチオウラシル チウラジール
プロパジール
錠50㎎
ヨウ化カリウム ヨウ化カリウム 末、丸50㎎、他適応に喀痰喀出作用有
ヨウ化Na ヨウ化Na Cap1号/3号/5号/30号/50号
甲状腺刺激薬 レボチロキシンNa チラーヂンS 散0.01%、錠12.5μg/25μg/50μg/75μg/100μg、静注、合成T4製剤
リオチロニンNa チロナミン 錠5μg/25μg、合成T3製剤
ヨウ素レシチン ヨウレチン 散0.02%、錠100、ヨウ素不足による甲状腺機能低下症

甲状腺疾患の薬の使い方

甲状腺機能亢進症

甲状腺の機能を抑える、抗甲状腺薬が第一選択として用いられます。初期は大量に投与し、以降はTSH値を見ながら減らしていきます。すでに合成された甲状腺ホルモンが4週間位備蓄があるため、効果の発現は遅く4~6週を要します。そして、機能が正常化しても1年間は維持療法を行います。

メルカゾールのような抗甲状腺薬は無顆粒球症だの発熱だのよく添付文書改定情報が届くほど注意が必要ということで、これを使えない人に、ヨード剤(ヨウ化カリウム丸)を使用するケースもある。

ヨード剤と言えば原発事故の時に話題になったあれで、甲状腺ホルモンの原料となるので、摂取すると甲状腺に取り込まれて甲状腺ホルモン不足のときは甲状腺ホルモンを補う作用、満タンの時は逆にホルモンの合成・放出を抑制する作用があることから甲状腺機能亢進症の治療薬として用いる。

原発のは、予めヨード剤で甲状腺を満たしておけば、たとえ放射性元素を体内に摂取しても甲状腺に取り込まれずにすむという機序。

症状がひどい場合はステロイドの内服、頻脈がひどい場合はβ遮断薬を併用(βは甲状腺機能亢進症の様々な症状を改善してくれる)する。重症例には、放射線治療、外科手術を行うこともあります。

放射線治療に用いられるのはI131アイソトープで、これを経口(カプセル剤)で摂取することで標的(甲状腺)に取り込まれたI131が甲状腺の細胞を破壊するというもの。用量に注意しなければ、破壊のし過ぎで低下症を引き起こす危険もある。もちろん妊娠とか乳児の近くは避けるべきだが、一般の人との接触は問題ないレベルという。しかしなるべく避けるのはいうまでもない。

また、甲状腺機能亢進症に限り、メルカゾールのような抗甲状腺薬だけでは不安定な患者に対して、チラーヂンを投与して安定化させるブロック補充療法というものがある。詳しくはよくわからないが、メルカゾール減量だけでは下がりすぎてしまったり安定しない場合に、あえて拮抗するチラーヂンを必要量だけ併用すると安定するらしい。デメリットは単独治療の場合はやがて寛解するが、併用すると寛解の可能性がなくなるという点。そのため、一生にわたり薬を継続するような人への投与。

甲状腺機能低下症

補充療法には、T3は強すぎるので、T4を選択する。少量(1日25μg)から開始し2~3ヶ月かけてゆっくりと1日の維持量の100μgにもっていく。T4は半減期が6~7日と長いので1日1回投与する。

抗甲状腺薬

甲状腺のペルオキシダーゼを阻害し、甲状腺ホルモンの合成を抑制する。

メルカゾールとチウラジールの比較試験において、メルカゾールのほうが有効性が高く、副作用の発現頻度が低いことが示されている。

メルカゾールの甲状腺ホルモンを正常化する速さには15mg/日と30mg/日の間には差がなく、副作用の発現頻度は15mg/日のほうが明らかに少ないことが明らかになっているため、メルカゾールによる治療は、15mg/日から開始し、重症例に30mg/日を用いることが推奨されている。

  • メルカゾール(チアマゾール)・・・甲状腺外で免疫抑制作用示す。チウラジールより抗甲状腺効果が高い(約10倍)ので授乳中以外は第一選択。
  • チウラジール(プロピルチオウラシル)・・・メルカゾールより母乳中への移行が少ない
  • ヨウ化カリウム(ヨウ化カリウム)・・・作用機序は不明。短期間であれば甲状腺機能を強力に抑制するが、長期使用でエスケープ現象が起こる。

これらの副作用として発現頻度が高いものが、蕁麻疹と軽度肝障害で、重大な副作用として無顆粒球症、多形性関節炎、重度肝障害が挙げられます。 発熱や咽頭痛などの症状がでた場合は、無顆粒球症の場合があるので注意する。

甲状腺刺激薬

甲状腺ホルモン製剤

  • チラーヂンS(レボチロキシンNa)・・・T4製剤。末梢で大部分がT3に変換され作用を発現。半減期:6~7日。 鉄剤、Al製剤に吸着される。
  • チロナミン(リオチロニンNa)・・・T3製剤。即効性があるが持続性が短い。

ヨウ素製剤

  • ヨウレチン(ヨウ化レシチン)・・・大豆レシチンが原料。消化管により血中にヨウ素イオンの形で取り込まれ、ヨードとしてヨウ素不足に夜甲状腺機能を改善する。

関連ページ

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。

(件名or本文内でキーワード検索できます)



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ