気管支喘息の薬

気管支喘息について

気管支喘息の病理については別ページ参照。

β刺激薬

選択的β2刺激薬のことで、気管支のβ2受容体に作用して気管支を拡張することで喘息発作を抑える。ただ選択的とは言ってもβ1作用も少なからずあるので、頻回の使用は心臓のβ1受容体を刺激して心悸亢進、不整脈が起こる可能性があります。

心疾患、甲状腺機能亢進症(β1↑)、糖尿病(グリコーゲン分解)には注意して使用する。

  • メチエフ(メチルエフェドリン)
  • ベネトリン、サルタノール(サルブタモール)
  • ブリカニール(テルブタリン)
  • ホクナリン、ベラチン(ツロブテロール)
  • メプチン(プロカテロール)
  • スピロペント(クレンブテロール)
  • セレベント(サルメテロール)
  • オンブレス(インダカテロール)

テオフィリン徐放剤

PDE(ホスホジエステラーゼ)を阻害することで気管支を拡張するのに加えて、抗炎症作用も併せ持つ(機序は上図のホスホジエステラーゼ阻害の部分)。

有効血中濃度が狭いので服用回数は守ること。

徐放剤。気道炎症に対する抗炎症作用も持つ(ヒストン脱アセチル化酵素活性の増強作用)呼吸中枢刺激作用。濃度に依存して、消化器症状などが出ることがある(乳幼児では痙攣に注意)。喫煙、アルコールにより血中濃度が低下する。

  • テオドール、テオロング、ユニフィル(テオフィリン)

抗コリン薬

気道のムスカリン受容体を遮断し、気道の収縮を抑制する。β受容体が減少している高齢者に主として用いられる。

β2刺激薬に比べて効果発現遅く、効果も弱い。COPDによる気道収縮は主に迷走神経から遊離されるAchにより生じているので、COPDに適する。

  • スピリーバ(チオトロピウム)
  • シーブリ(グリコピロニウム)

吸入ステロイド

ステロイドの作用機序はアトピー治療.comを参照。

  • アルデシン、キュバール(プロピオン酸ベクロメタゾン)
  • フルタイド(プロピオン酸フルチカゾン)
  • パルミコート(ブデソニド)
  • アドエア(フルチカゾンプロピオン酸エステル+サルメテロール(β))

抗アレルギー薬

抗アレルギー薬の作用機序はアトピー治療.comを参照。

  • オノン(ブランルカスト)

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ