消毒薬(手指消毒薬他)

(図:健栄製薬お役立ちツールより引用)

消毒薬の選び方

ノロやロタに効くのは、次亜塩素酸(ハイターとか)やポビドンヨードあたりでエタノールはイマイチ。ポビドンヨードは色つくし、次亜塩素酸を使うのが一般的。手指は△、金属は×。

インフルエンザとか細菌感染を防ぐなら、エタノール単剤もしくはエタノールと他の消毒剤がMixされている消毒剤を選ぶ。

ラビングは擦り込式手指消毒法の意味。

エタノール単剤もエタノール・ラビングも同じようなエタノール含有量(76.9~81.4vol%)だが、エタノール・ラビングには保湿成分として添加物(ヒアルロン酸Na、グリセリン、トコフェロール等)が含まれ、手にやさしい。

塩化ベンザルコニウムは不揮発性(常温で気化しない)物質で、水に溶けやすい性質を持つ。不揮発性のため効果が長い時間続く上に、消毒後に水分だけが蒸発することにより濃度が上昇し、抗菌力が増す。肌に優しいため手指皮膚への使用は○。抗菌力の方はインフルには△、ノロやロタには×である。

エタノールが揮発性のために短時間で気化し持続時間が少ないのを補うために、エタノールと塩化ベンザルコニウムを混ぜて抗菌力と持続力を増加させた消毒薬が人気。例えば、ラビング法の原点となったウエルパスは100ml中にベンザルコニウム0.2g、エタノール83mlを含有している。

ほぼすべての消毒薬にエタノールが含有しているのでエタノール過敏症の人はエタノールの含有量が少ないのを探すしか無い。

医療用医薬品と一般用医薬品

消毒薬には薬価基準未収載の医療用医薬品に該当するものと一般用医薬品に該当するもの、医薬部外品に該当するものがある。

例えば、ウエルパスは医療用医薬品の処方せん外医薬品に該当する。処方箋外医薬品は基本的には販売できないので自分の施設で使うために購入することしかできない。(処方せん医薬品等の取扱いについて

一般用医薬品も取り扱いの許可を得ていない施設では販売できないので注意する。

何にしろ、患者に販売するのであれば、一般用医薬品か医薬部外品の中から選ぶことになるということ。そして、エタノールと塩化ベンザルコニウムが混ざったものがいい。

コメントor補足情報orご指摘あればをお願いします。



  • << 前のページ
  • 次のページ >>
ページトップへ