インスリン製剤一覧~管理薬剤師.com

インスリン製剤一覧

インスリン製剤の一覧表(作用動態の図が載っているもの)をいくら探しても見つからなかったので自作しました。

分類 製剤名 メーカー 組成 作用動態モデル 血糖降下作用およその目安 性状 服用時間 初期量 維持量
プレフィルド製剤 溶解インスリン インフェンインスリン 作用発現時間(hr) 最大作用発現時間(hr) 作用持続時間(hr)








超速効型   ヒューマログ注ミリオペン リリー 100% 0% <0.25 0.5~1.5 3~5 無色透明 毎食直前 1回2~20単位 1日4~100単位
  ノボラピッド注フレックスペン
ノボラピッド注イノレット
ノボ 100% 0% 10~20min 1~3 3~5
  アピドラ注ソロスター サノフィ 100% 0% <0.25 0.5~1.5 3~5
中間型 NPL製剤   ヒューマログN注ミリオペン リリー 0% 100% 0.5~1 2~6 18~24 白色の懸濁液 朝食直前 1回4~20単位 1日4~80単位
二相性製剤   ヒューマログミックス25注ミリオペン リリー 25% 75% 0.5~1 2~6 18~24 朝食直前
(+夕食直前)
  ノボラピッド30ミックス注フレックスペン ノボ 30% 70% 10~20min 1~4 約24
  ヒューマログミックス50注ミリオペン リリー 50% 50% <0.25 0.5~4 18~24
  ノボラピッド50ミックス注フレックスペン ノボ 50% 50% 10~20min 1~4 約24
  ノボラピッド70ミックス注フレックスペン ノボ 70% 30% 10~20min 1~4 約24 毎食直前 1回2~20単位 1日4~100単位
持続型   ランタス注ソロスター サノフィ 無晶性 1.11 - 約24 無色透明 朝食前
(or就寝前)
1回4~20単位 1日4~80単位
レベミル注フレックスペン
レベミル注イノレット
ノボ 100% 0% 約1.0 3~14 約24 夕食前
(or就寝前)








速効型   ノボリンR注フレックスペン
ノボリンR注
ノボ 100% 0% 約0.5 1~3 約8 無色透明 毎食前 1回2~20単位 1日4~100単位
ヒューマリンR注ミリオペン
ヒューマリンR注キット
リリー 0.5~1 5~7
中間型 NPH製剤   ノボリンN注フレックスペン
イノレットN注
ノボ 0% 100% 約1.5 4~12 約24 白色の懸濁液 朝食前30分以内 1回4~20単位 1日4~80単位
ヒューマリンN注ミリオペン
ヒューマリンN注キット
リリー 1~3 8~10 18~24 朝食直前
混合製剤   ノボリン30R注フレックスペン
イノレット30R注
ノボ 30% 70% 約0.5 2~8 約24 朝食前
(+夕食前)
30分以内
ヒューマリン3/7注ミリオペン
ヒューマリン3/7注キット
リリー 0.5~1 2~12 18~24
  ノボリン40R注フレックスペン
イノレット40R注
ノボ 40% 60% 約0.5 2~8 約24
  ノボリン50R注フレックスペン
イノレット50R注
ノボ 50% 50%
   

インスリン製剤の使い方

インスリン製剤の使い方は別サイトを御覧ください。

インスリンの針

インスリンの針に関しては、特定保険医療材料料ページを御覧ください。

自己血糖測定機器

自己血糖測定器の販売に関しては、医療機器分類ページを御覧ください。

GLP-1作動薬(ビクトーザ・バイエッタ)

ビクトーザ等の使い方は別サイトを御覧ください。

また、GLP-1作動薬は生体内のインスリンの作用動態と全く同じ動態(食後にインスリン量が高まるという)をとるので、上の図には掲載しておりません。(食べた時に上昇というグラフになります)

ページトップへ